去年、大宮にある鉄道博物館がリニューアル

 

新しく南館がオープンし、見所も増え、

乗り物大好き小学2年生トラ君にとって、

以前よりかなり楽しい場所になった

 

一番メジャーなアクセスとしては、

JR大宮駅から、

ニューシャトルに乗って、一駅、

鉄道博物館駅で降りると、

徒歩1分以内で、入り口に着く。

 

 

 

(↓新しくできた南館)

 

鉄道博物館に着いたら、

まずは、

やりたい体験の整理券を取るのが最優先!

 

 

車掌さんの体験、一回500円。

京浜東北線の車掌さんを数駅分体験する。

その時間に一人だけしかできないため、

整理券はあっという間に配布終了になる

 

 

他に整理券が配布終了になるのが、

E5系運転シュミレーター

 

新幹線の運転手さんの体験、一回500円。

ふかふかのソファのような椅子に座り、

時速200キロ以上の高速運転をする

 

 

運転手体験、一回500円。

高崎線の運転手さんを40分間体験する。

初級、中級、上級の3段階あり、

各回、20数名なので、

割と整理券が取りやすい

 

あとは、ミニ電車運転、一回200円。

小さい線路だが、本物の運転席で、

信号を見ながら、自分で運転するため、

小学生以上が運転できる

(未就学児は、大人が運転)

 

合間の時間に、

本館2階のてっぱくシアターで、

10分間の3D映像を見る

(時には国鉄時代のなつかしすぎる映像も)

3Dメガネをかけて、

すぐ目の前まで迫ってくる

はやぶさ(東北新幹線)の映像が

トラ君のお気に入り

 

(↓ふかふかのシートで、母はウトウト)

 

ジオラマ(本館2階)を見たり、

 

その他の展示物を見たり。

(↓本館2階にある展示物。未来の新幹線もある)

 

本館1階には、往年の電車たちが所狭しと並んでいる。

(↓定刻になると、中央の機関車の汽笛がなり、回転テーブルが回る)

 

乗り物好きにとっては

1日では遊びきれない内容で、

子供向けとは到底思えない企画や展示も多く、

大人にとっても、学びの場になり、

幅広い年代も楽しめる。

 

トイレも多く、

食べる場所も売店もあるので、

手ぶらでもOK

 

(↓館内数カ所でお弁当販売をしている)

 

↓お弁当はランチタイムには完売している日もあり、

土日祝日は朝から行列ができている

 

 

乗り物大好きトラ君、

この半年でもう3回もテッパクに行き、

今年一番のお気に入りの場所である。

 

次回、もう少し細かい内容をご紹介します(^ ^)

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
アバター

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 中学生のチタちゃん(女子)と小学校低学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中!子供が学校にいる時間に主婦パートのお仕事をしています(^ ^)