先週、摂理の教会の小学生の夏休み企画に

東京や筑波から20名近くの小学生と親たちが参加、

夏日の中、横浜の野毛山動物園へ行った。

 

トラ君は小学2年チームの3人+パパさんと

動物園をみんなでワイワイと走り回った

 

メンバーの現役の研究者、動物博士からの

ちょっとマニアックなクイズ(笑)の紙を片手に、

いろんな動物を、いつもよりもじっくり観察。

 

「ライオンの頭は、人の頭の何個分?」

「コンドルの頭はなぜハゲているか?」

「カグーはなぜ飛べない?」

大人でもわからない(^^;;

 

トラ君は、

「コンドルの頭はなぜハゲているか?」に対しては

「とんでるから」

それなら、

全部の鳥がハゲになっちゃうぞ(^^;;

 

「カグーはなぜ飛べない?」

「とばないから」

答えになってないぞ(^_^;)

 

見た目は、鳩をふっくらさせたくらいだから、

重いからでもなさそう

 

正解は、、、、

急な暑さに私がプチ熱中症っぽく、

ぼーっとしていて、

動物博士に正解を聞くのを忘れてしまった

 

(↓亀もお昼寝中)

さて、野毛山動物園は、

入園無料とは思えないほど

大型動物が充実している

 

インドライオンと

スマトラトラが隣り合わせに展示され、

大迫力!!

他の動物園よりも

ずっと近くで見ることができる。

 

キリンの顔がすぐ目の前まで伸びてくる

ワシやタカ、フクロウやコノハズク、

サル類やクマたち、

ふれあい広場でモルモットを抱っこ

 

は虫類館、狭いながら工夫されていて

ワニ、亀、ヘビなど

は虫類を近くでじっくり見ることができる

最寄りの駅は

桜木町と日の出町、

(↓ピカチュウの看板に、トラ君がびっくりしていた)

駅からも、園内も

アップダウンは大きいが、

コンパクトで子供連れには良いと思った。

 

動物園といえば、万物啓示、

神様が動物を通して

おっしゃりたいことがあるかなぁと

聞いてみたけれど、

はっきりはわからなかった

でも、ライオンとトラの

物言いたげな気品ある姿と、

ワシが大きく羽根を広げていた姿が

印象に残った

 

 

トラ君の仲良しの小2のメンバー親子と

夕方まで残って、

ライオンの餌やりを見て、

その迫力に息を飲んだ。

(↓馬肉と牛の骨をあげていた。でかい!)

 

メンバーの幼稚園児の母娘が隣に公園に来ていたり、

摂理のご夫婦が姪っ子さんを連れて来たりしたとか。

けっこう人気があるのかもしれない(^ ^)

 

野毛山動物園、駅から登りが続いて、

着く頃には、汗だく、

ベビーカーのママはかなりきついけれど、

園内に入ってしまえば、

小さいながらも工夫されている

子供目線でとても良い動物園です\(^o^)/

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
アバター

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 中学生のチタちゃん(女子)と小学校低学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中!子供が学校にいる時間に主婦パートのお仕事をしています(^ ^)