娘みいにとって楽しみだった事の一つ合宿。

バイオリンをひく子供たちの合宿に来ています。

朝から夜まで物凄い量の練習をこなします。

こんなに練習したこと無いっていうくらいの量。

一人で練習したら30分集中するのも大変なほどの子供達ですが

お友達と一緒に毎日約7時間の練習を最後まで頑張っています。

途中、うまく演奏できなくて疲れたり

お腹が空いたり、眠くなったり様々な限界にぶつかります。

みんなで一つの作品を作るために練習を重ねます。

全く最初は曲にならなかった所から

徐々にレベルアップ。

何度も何度も限界をこえて

成長する子供達を見ながら涙するほど感動しました。

 

 

誰でも日常生活の中でぶつかる多くの限界。

このように乗越えて行くんだなと気づく事ができました。

 ◆「脳が凝り固まった人」は、その限界線まで考えてやめることが<体質>になり<習慣>になった。脳をほぐせばそれ以上のことを考えられるのに、<自分の脳の体質>を<自分の考えの限界、知能の限界、実力の限界>と思って生きる。

◆人間は「体質」になるとそれ以上は考えられず、行なうこともできない。<自分の体の体質、考えの体質>を<自分の実力の限界、考えの限界>と思うな。

鄭明析牧師の明け方の御言葉より

もうだめだというときに

あと一歩行なうことで違う世界を見ることができます。

世界中の一人一人が限界をこえて最後まで行く事ができます様に。

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

ひろこママ

佐渡ヶ島(新潟)出身☆東京在住【ひろこママ】背が高くて優しい【ごうパパ】元気いっぱい小学4年生【みいちゃん】の三人暮らし。6年間の専業主婦を卒業して今は正社員。お弁当・料理ネタ多め。隙間時間には大好きなハンドメイド(編み物・裁縫)。”はさみ練習プリント”が予想以上に好評。