摂理ママのあっこです

先日、息子のトラ君の幼稚園の
保護者面談がありました

面談の待ち時間に
おもちゃを取られて泣いている子、
その背中をなでながら
「大丈夫、わかるよ。わかるよ」と繰り返す
幼稚園の先生

 
そのあと、幼稚園の先生に
「トラ君、がんばっているから
たくさん褒めてあげて下さい」と
言われ、
はっとしました

最近、
毎朝のように登園をしぶっているトラ君、

私は
とにかく幼稚園に行かせることだけを考え、

トラ君の心に寄り添い、
トラ君の心を分かってあげられてなかった、
そのことに気がつき、反省しました

長い時間一緒にいる子ども達、
その心をわかってあげることは
簡単なようで
簡単ではありません

子どもの心を分かってあげて
子どもの心に響く一言、

生活の中で
どれだけ言えているだろう


2015年9月26日明け方の御言葉より

「心を分かってあげる一言が大きい。
 その一言によって互いが力を受け、
 希望も生じるのだ。

 指導者たちは心を分かってあげることが半分だ。

 鄭明析先生も人に接する時、
 その人の心を分かってあげて接するから
 人々がすぐについてくる。」

昔会った鄭明析牧師先生は
とても不思議な方でした

目と目があうだけで
何も話せなくても、
私のことをわかって下さり
認めてくださることを
感じさせて下さいました

多くの人の中にいても
鄭明析牧師先生の口から出る御言葉を聞けば

神様が
この小さな私のことを認識し、
愛して下さっていることを
感じることができました

今も
日曜、水曜、毎朝宣布される
あまりに多くの御言葉の中に

私の心や状況を分かって下さり、
祈りの答えになる一言があるとき、

目に見えない神様が
たしかに存在していること

長い間、あっていない
鄭明析牧師先生が
たしかに今も生きていること

それを感じることができます

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
アバター

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 中学生のチタちゃん(女子)と小学校低学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中!子供が学校にいる時間に主婦パートのお仕事をしています(^ ^)