摂理二世/子供・子育て

体験することの大事さ カブトムシ編


摂理ママのあっこです

昨日、
幼稚園から帰宅した息子と
カブトムシグッズの買い出し、

そのあと、
小学校から娘が帰宅したので、
カブトムシの
おウチ作りをしました

娘は
「ママより私が慣れてるよ」と
カブトムシの土を入れ
止まり木や葉っぱを
いろいろ工夫して入れていました

息子は
飼育ケースにはりついて
「カブトムシ、かわいい、、、」

 

(↓カブトムシ飼育グッズ、この時期は100円ショップで調達できます)

IMG_7625

都会っ子の子どもたち、
マンション暮らしで、土から離れた生活、
生き物キライ(虫、カエル etc.,)です

3年前、初めてウチに
カブトムシやアゲハチョウの幼虫が
やってきた時、
きゃーきゃー逃げて
遠くから眺めていたなぁ

 

 

息子がなんども繰り返します

「しんだみたいだったけど
いきていてよかったね」

昨日の朝、
私が、カブトムシが死んで
がっかりしたり
生き返ったのを見て喜んだり

私の素の感情の動き、
生の感情を通しても
生き物の命の大切さを
感じてくれたかな?

IMG_7627

最近の教育でよく言われることが
体験学習、

夏休みなどのツアーにも
「子どもと体験する××」
「ホンモノ体験」
などの言葉が多いです

実際、我が子と接していても
教会で子供達に聖書の話を伝えていても、

子どもたちは、
実体験が少ないため
実感が湧かないことが多いようです

カブトムシを買うのも
1つの体験学習 ♫

 

2010年8月6日、摂理、鄭明析牧師の御言葉より 
「実習が教育だ。

 見せながら心で感じるようにしてあげる
 教育をしなければならない。
 そうしてこそ、行なうようになる。」

 

 

実際に体験することはとても大事ですね

子どもにとってはもちろん、

大人にとっても(^^)

あっこ

この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.
あっこ

あっこ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 大学時代にキリスト教福音宣教会に出会う。 10年以上、IT企業に勤務、夜中まで働き、海外出張もこなすキャリアウーマンだったが、摂理での結婚、出産により、在宅勤務を経て、完全退職。 今は、夢にも考えなかった専業主婦として、主と共に小学生の娘(10歳)と幼稚園生の息子(5歳)の育児に奮闘中!

関連記事

  1. 摂理二世/子供・子育て

    自転車に乗れた! その1〜あなたが喜ぶ姿を見て、私も嬉しい

    摂理ママのあっこですこの夏、交通公園によく行ったトラ君、…

  2. 摂理二世/子供・子育て

    手作りランチョンマットに挑戦

    夏休み。いろんな事に挑戦したい娘みい。ランチマットを作ることに…

  3. 摂理二世/子供・子育て

    新しい讃美歌を作る

    子供たちと晩御飯を食べてるとき、上の子が急に!知ってる曲を使って讃美歌…

  4. 摂理二世/子供・子育て

    神様からのプレゼント【笑顔みかん】

    このみかん、笑っているように見えませんか?神様から子供達へのプ…

  5. 摂理二世/子供・子育て

    『ピクちゃんのぼうけん』小学二年生のお話作り

    娘みいがお話を作りました。『ピクちゃんのぼうけ…

  6. 摂理二世/子供・子育て

    雨の日のお出かけ

    先日の土曜日は、朝からずっと雨が降っていました。息子と一緒にサ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Twitter でフォロー

オススメ記事

アーカイブ

  1. 摂理の結婚生活

    結婚して大変だったことは?
  2. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して感じること
  3. 摂理の結婚生活

    結婚記念日
  4. 摂理の結婚生活

    結婚のお祝い
  5. 摂理の結婚生活

    結婚って何?
PAGE TOP