昔から仲良しの摂理メンバーで

高校生男子と中学生男子の息子さんがいる

ママ友Sさんとランチをした

 

小学生の男子育児は女子育児とは全く違い、

ましてや中学高校は未知の世界(^_^;)

 

先輩の男子ママに話を聞いたところ、

高校生のお兄ちゃんP君の

合唱コンクールの話がおもしろかった\(^o^)/

 

都立高校に通っているP君、

高校生ともなると、

合唱コンクールに先生はノータッチで

生徒たちが自ら仕上げていくことになる

 

年に一度の合唱コンクールを仕切るのは

決まってクラスの女子、

それも合唱部の女子だったそうだ

 

合唱部の女子たちを中心に

女子たちは結束して

「練習しよう!1つになって、優勝を目指そう!」と理想に燃える一方で

男子たちは「えー、めんどくせー。サッカーしてぇ」と

休み時間や放課後の練習からも逃げ気味で、

毎日女子たちに叱られていたそうだ(^_^;)

 

いつもは何の問題もなく学校に通っているP君も

「おれ、学校に行きたくない。今日も女子につるしあげられるから」と

と、その時期だけはプチ不登校気味、かなりイヤがっていたとか(笑)

 

さて、葛藤の練習期間を経て、

合唱コンクールを見に行ったママ友のSさんによると、

どのクラスも女子たちはちゃんと仕上がっていたけれど、

男子たちに差がありすぎて、

合唱の上手い下手、どのクラスが勝つかの勝因を握るのは

男子たちだと笑っていた

 

なるほど、、

必死になる女子たちの気持ちもわかるし、

女子から逃げたくなる男子たちの姿も目に浮かんできた(笑)

 

 

小学校1年生のトラ君のクラス参観を見ても、

男女の差は明らか、

小学校6年生のチタちゃんのクラス参観に行っても、

授業中でも遊んでいるのはやんちゃ男子、

女子たちは大人びて、

男子は女子に注意されたり、バカにされたりしている

 

これって高校まで続くんだ(^_^;)

 

先輩ママさんのお話、とても参考になります(^ ^)

 

摂理二世の中学生、高校生のお話、

また聞いた話をご紹介しますね〜

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.
あっこママ

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。夜中まで働き、海外出張もこなすキャリアウーマンだったが、摂理での結婚、出産により、在宅勤務を経て、完全退職。今は、主と共に小学生の娘(11歳)と息子(7歳)の育児に奮闘中!趣味は食べること、旅行(学生時代にユーラシア大陸を陸路で横断した経験あり