幼稚園の年中ごろから、

早い子は乳歯が抜け始める

 

幼稚園の卒園式の写真で

前歯がない子もけっこういる

 

でも、春生まれのトラ君、

同じ学年の中でも、

月齢としても高い方なのに、

全く歯が抜ける気配がなかった

 

 

背が低いし、

顔つきも、心身共に、年齢よりも幼いから、

きっと体の成長もゆっくりなのかもね

 

そう思って、気にしていなかったが

1年生の夏休み(7歳)になって

歯がぐらぐらしてきた

 

指でぐらぐらさせているトラ君

 

そして、8月13日、

家で歯ブラシの仕上げ磨きをして、

しばらく自分で歯を触っていたらしく

 

「ママ、はがぬけたよ」

 

口が血だらけになっている

 

仕上げ磨きで力を入れすぎたかな

自分でぐらぐら動かしすぎたかな

 

トラ君、歯がない体験は初めてなので、

「なんかへんだよ。きもちわるいよ」と

しばらく言っていたけれど、慣れたみたい(^ ^)

 

子供がいて、神様の存在を確信することが

本当に多くなった

 

自分の子供というけれど、

親ができることは限られている

 

親はただご飯を出して、寝かせ、着させ、

快適に生活できるようにするだけで、

あとは成長するように

神様が作られたことは否めない

 

親は子供の指や足を作ることはできないし、

歯が生え、歯が抜け、

髪が生え、髪が抜けるようにはできない

 

 

数年前は存在していなかったこの子が

今は自分で考え、自分で歩き、

親にも反抗したりして、

どんどん成長しているのは

不思議だと思うことはよくある(^_^;)

 

神様がいないと主張する人は

この地球ができたのも

人が生まれて死んでいくのも

全て偶然がなせる技だという

 

でも、どれほどの偶然が重なれば

これほど正確に、精密に

法則に従って

全てのことがなされるだろう

 

子供の成長を通しても、

目に見えない神様が

存在していらっしゃることは

認めざるを得ない

 

あっこ

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)