小学生1年のトラ君、

今年初めて、”夏休みの宿題”なるものに直面した

 

小学生男子ママとして初めての夏休み、

これほど夏休みの宿題をやらせるのに苦労するとは

思っていなかった(^_^;)

 

1学期中も、

宿題をやらせたり、

忘れ物をしないようにさせるのに

かなり手を焼いていたが、

 

夏休みは締め切りが先な分、

本人のやる気も切迫感も全くなく、

連日、親子の宿題バトルが続いてしまう(^_^;)

 

 

小学6年女子のチタちゃんは、

なんだかんだ言いつつも、

1年の時から、「宿題はやったの?」といえば、

ある程度がんばって自力で宿題をしていた。

 

夏休みの宿題もしかりだ。

 

 

 

しかし、男子という生き物は

”やりたいこと”はすぐやるけれど、

”やらないといけないらしいけど、やりたくないこと”からは

逃げようとする習性があるらしい(^_^;)

 

どうやさしく言おうと、

どう脅しをかけようと、

ついにキレて叱られようと、

遊ぶことばかり考えており、

宿題を先延ばしにして遊んでいる(^_^;)

 

 

「やることをやってから遊んだほうが楽しいよ」とか、

「いまのトラ君はいいけれど、あしたのトラ君が苦労するよ」とか

口を酸っぱくして言っても、

聞こえないふり(^_^;)

 

何度も話しても全く耳に入らないらしく、完全に無視・・・

あまりに聞かないので、

「いい加減にしなさい。もうどこにも連れて行かないよ」とキレても、

耳をふさいで遊び続けている(^_^;)

 

家だと暑いし、

おもちゃで遊んで、全く宿題が進まないので、

 

猛暑の中、何日か、トラ君と2人で、

「今日は宿題をする日にしよう」と

すずしい図書館にこもってみた

(家のエアコンが不調なのもあり、家にいるとアブナイ(^_^;))

 

 

トラ君も環境が変わってやる気が出てきたのか、

最初は「きょうはべんきょうしよう」とやる気になっていた

 

でも、実際にやり始めると、

あっちに気が散り、こっちに気が散り、

すぐに別のことを始めてしまい、

「さ、宿題やろう」と言っても

戻ってこない(^_^;)

 

家にいるよりは宿題は進んだけれど、

あっこママは気疲れして、ぐったり(^_^;)

 

また別の日は、

自由研究をやるつもりで図書館に行ったけれど、

消しゴムもノリも忘れて、結局できなかった。

なんのために図書館に行ったのやら(^_^;)

 

「もう勝手にして、あとは自分でがんばってやってね」と

何度も突き放してみたけれど、

どうも気になって、

8月31日の夜に泣きべそをかいている顔が浮かんできて、

「宿題どうするの?」と聞いてしまう(^_^;)

 

 

摂理メンバーの男子ママ友に相談してみた(笑)

 

小学生男子3兄弟のママに聞いてみたら、

「うちもおんなじだよ。毎日怒ってばかりだよ」と言っていた。

 

別のママ友(高校生男子と中学生男子がいる)に聞いてみたら、

「中学生や高校生になっても、自分から宿題をやらないよ」と

言われて、唖然(^_^;)

このバトル、一体いつまで続くんだろう・・・

 

そのママの言うことが面白い。

「うちの男子はアホかオタクか、どっちかだから」

というわけで、どっちの子も宿題は進まないそうだ(^_^;)

 

あっこさん、

小学生女子ママ6年目だけど、

小学生男子ママ1年目なので、心底びっくり。

男子ママは大変なんだ(> <)

 

そもそも、字を習い始めたばかりの1年生に対して、

あれを書け、これも書けと要求が高すぎないか!

 

小学生になって半年しか経ってないのに、

夏休みの宿題10個は、多すぎないか!

 

ようやく字を読めるようになったばかりの1年生、

文章を読むのが精一杯なのに、

本を読んでどう思うかなんて聞かれても困る。

 

どう考えても、読書感想文は敷居が高すぎる!!

おまけに読書感想メモの用紙(フォーマット)が

小学6年と同じなのはどーいうことなんだ(^_^;)

 

毎日、日記をつけろと言われても、

字が大きすぎて、日記の欄に入らない(^_^;)

 

あっこさんたちが子供の頃よりも

明らかに宿題の量が増えている。

せっかくの夏休みなのに

まだ小学生なんだから、

たくさん遊ばせてあげた方が

長い人生にとって有益だぁ!!!

 

ここまでくると、

学校教育に逆ギレしたくなるあっこママ

 

 

 

ちょっとやっては褒められ、

遊んでばかりで叱られ、

言うことを聞かなくて脅され(^_^;)、

それでも何とか進んできた夏休みの宿題。

 

明日から2学期が始まるけれど、

まだ少し残っている。

 

スイッチさえ入れば終わる量だけど、

今日、どこでスイッチはいるかなぁ・・・

 

早めにスイッチが入って欲しいなぁ・・・

 

寝る前にスイッチが入って、

夜遅くまで付き合わされるとか、

明日の朝に「学校に行かない」とか

泣かれるのはイヤだなぁ。

 

すでに、

親の力ではどうにもならないことがわかったので、

神様にゆだねるしかないあっこママであった(^_^;)

 

あっこ

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)