摂理の結婚生活

愛って何か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハレルヤ、Riccaです。
私は大学生の頃に摂理に来ましたが、
摂理に来る前、
幼いときからずーっと
考えていたことの一つに、
「真実な愛ってなんだろう」
というのがありました。

少女漫画が大好きだったので、
『いつか王子様が…(はぁと)』
みたいな憧れがもちろんあったのですが(笑)、
「でも、『この人が運命の人』って
どうやったらわかるんだろう」
「この人と結婚したらいいって
どうやったら決心できるんだろう」
とずっと思っていました。

今思えば、そこまで好きな人、
愛せる人ができなかったのもありますし、
結局自分中心の幼さがあったのもあるのですが、
いろんな人に聞いて回ったり
書籍を読み漁ったりしていましたね^^;

「『この人のためになら死ねる』ってことだよ」
(えー、無理!自分の命のほうが大事だし)

「その人しか目に入らないことだよ」
(は…?意味不明なんだけど)

…みたいな感じで、
愛の感覚さえつかめませんでした。
そんな感情になったことがなかったんです。

摂理に来てからも、
すぐにわかったわけじゃありません。
神様が愛がゆえに人間を創ったと言われても、
納得するまでに数年かかりました。

結局、愛の感覚をつかむのも
10年以上かかっていると思います。
まだ発展途上なところもあると思いますが…

摂理に来てちょっと大変だなぁと思うのは、
「楽して得られるわけではない」
ところでしょうか。
信じればなんとかなるわけじゃないんですよね。
自分が行わないといけない。
ただ、そうやって行うぶん、
得られたものの価値は全然違いますよ。

私は神様を愛することを知るようになって、
それからパートナーとめぐり合わせて下さったから、
彼を通してよりいっそう神様の愛を感じ、
悟るようになったと断言できます。

神様のもとで出会えた「運命の人」は、
愛に疎い私に「これでもかっっっ」ってほど、
「神様の愛」を示してくれました。

神様の愛は、
大きいです。広いです。深いです。
言葉ではとても表現できません。
熱くて、温かくて、ひたすら安心できる愛です。

相手の立場をとことん尊重してくれるし、
とことん待ってくれるし、
怒らないし、優しいです。

いつか書きたいと思っていますが、
彼は結婚してから3年近く、
私の心が回復するのを待ってくれました。
普通だったら、とてもできないと思います。

摂理に来なかったら、
私は自信を持って「これが真実の愛だ」とは
いつまでも言えなかったと思います。
今は「自分なりの愛」で満足して、
小さい次元に留まらなくて良かった
と心底思っています。

愛って何か。
知りたい方はぜひ摂理で
はっきりとした真理から
愛を学んでみてください。
きっと大きな愛を知ることができるはずです。

そこには「ごまかし」も、
「その人なりの回答」もありません。
ただ「真実な愛」と「不変の真理」があるだけです。

真実の愛を教えてくださった主に、
心から感謝します。

image

この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 教会への道
  2. 箱根に宿泊~向山荘~
  3. 結婚記念日
  4. あと何年?――人生において、優先権ですべきこと
  5. 摂理で結婚して感じること
  6. 妻のバースデー
  7. 初めてのバイブルスタディー
  8. 摂理でつぼを売ったことはない

聖書・御言葉

月明洞

摂理の食卓・レシピ

PAGE TOP