摂理ママのあっこです

月明洞(ウォルミョンドン)、

宗教の”聖地”というと
どんなイメージがありますか?

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教など
世界宗教の聖地といえば、
大きな歴史的な建物がある観光地、

一方で新しめの宗教、
いわゆる信仰宗教だと、

なんか秘密の儀式が行われていたり、
とても閉鎖的な空間・・・
そんなイメージがあったりします

さて、
ウォルミョンドンは
とても明るく美しい場所です
その雄大さに神様を感じ、
その神秘さに聖霊様を感じます

あっこファミリーは、
今年ゴールデンウィークに
家族で月明洞に来ています。

子供たちがウォルミョンドンに
来るのはもう5回目。
1年で一番大きなイベントで、
行くことが決まってから3ヶ月、
子供たちはとっても楽しみにしていました

初日
ウォルミョンドンについたのは
夜でした。


三日月が山にかかり、
夜景がとても美しく、ため息が出るばかり。

とても幻想的なウォルミョンドンで
神様に挨拶をしました

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
あっこママ

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。夜中まで働き、海外出張もこなすキャリアウーマンだったが、摂理での結婚、出産により、在宅勤務を経て、完全退職。今は、主と共に小学生の娘(11歳)と息子(7歳)の育児に奮闘中!趣味は食べること、旅行(学生時代にユーラシア大陸を陸路で横断した経験あり