こんにちは
摂理のあっこです

アラフォーの私

誰よりも
加齢による衰えを感じていると思います

子ども達を追い掛け回しつつ
たまに追いつけないことがあり

(スピードではないですよ。さすがに、
体力不足で、持久力がなく、、、
荷物も沢山持っているし、、、)
←言い訳

小学校低学年の子どもは
あきらかに私よりも体力が上です

 

このままではマズいと
かなりの危機感を感じ
朝、子ども達が寝ている間に
ジョギングをしてみました

近くの公園で
おじいちゃんおばあちゃんが
ラジオ体操をする側を
せっせと何日か走ったところ、、、

数日後には
ひざが痛くなり
足の筋がはってパンパンになり、、、、

あえなく断念

ちゃんとストレッチしたんだけどなぁ

仕方がないので、
YouTubeを見ながらストレッチ
ウォーキングをして
まずは筋力アップに励んでいます

 

 

先日、鄭明析先生の映像を見ました

10数年前に来日された時、
体育館を全力で走り回り
バレー、サッカー、などなど
なんと12時間連続で
スポーツをされていました

当時の先生の年齢を考えても
あり得ない奇跡です

それが、アラフォーになって
しみじみと感じられます

当時の私たちは、
すごいなーと思いつつも、
鄭明析先生は超人だから
自分たちとは違うから
できるんだ、と
心のどこかで思っていました

でも
先生も同じ人間
加齢による衰えがあるはずです

先生の肉体は明らかに
ぼろぼろ、ガタガタでした

最後は
足を引きずりながら
ふらふらになりながら

それでも諦めずに
果敢に
ボールに飛びついて行く

その後は倒れて、
立ち上がれなくなりました

先生のスゴさは
鍛錬した肉体以上に
その精神力

先生の人生哲学
絶対に諦めない、最後までやる

 

それを、目の当たりにして
涙があふれてきました

なぜ先生がそこまでやるか
それは、、、
人の目を意識しているわけではありません

自分に満足するためでもありません

ただ
愛する神様のことを考え
神様を喜ばせ
神様がしてほしいと思うことを
限界を超えてまで行なう

その純粋さ、その愛の深さ

それが先生のスゴさです

先生は摂理の子ども達に
「先生と一緒にスポーツをしよう」と
おっしゃって下さいます

もちろん大人たちに向かっても

今の私は
先生と一緒にサッカーどころか
立って応援もできないな

ウォーキングから始めて
少しずつ少しずつ
体も鍛え
心と精神も鍛え
先生みたいに
50代でも60代でも
やると決めたことはやり通す
かっこいい成熟した大人になるぞー

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)