私が見た摂理

クリスマスのほんとうの意味


トラ君が通っている幼稚園は

キリスト教の幼稚園です

 

そのため、

クリスマスが近づくと、

「クリスマスのほんとうの意味はね」と

幼稚園の先生がお話ししてくれます

 

絵本でも

「クリスマスのほんとうの意味」

「ほんとうのクリスマスって」

みたいな本を貸してくれます

 

 

 

さて、質問です

 

あなたにとって、

クリスマスはどんな日ですか?

 

 

プレゼントをもらう日?

サンタが来る日?

ケーキを食べる日?

みんなでワイワイさわぐ日?

イルミネーションを見る日?

クリスマスツリーを飾る日?

恋人と楽しく過ごす日?

おいしいディナーとケーキを食べる日?

 

日本では全て YES ですが、

クリスマスの本当の意味はちがいます(^_^;)

 

Christmasは

Christ(メシアキリスト)+mas(ミサ、礼拝)

 

メシア(救い人)である

イエス・キリストの誕生をお祝いする日です

 

 

実際にイエス・キリストが生まれた日は

12月25日ではなかったとか、

紀元0年ではなかったなど、

諸説あるようですが、

 

神様が人間を救うために

救い人イエス様を送って下さったことを

感謝し、祝うのがクリスマスです

 

 

 

幼稚園や絵本の説明は

ここまでですが、

 

大事なことは

「あなたにとって、クリスマスはどういう日ですか?」

「あなたにとって、キリストはどういう人ですか?」

 

待ちに待っていたキリストが

お生まれになった ♫

と賛美歌で歌いますが、

 

本当に自分自身がキリストが来るのを待ち、

キリストが生まれるのを待っているでしょうか?

 

 

 

数千年前の長い間、

ユダヤ人は神様が来られるのを待ち続け、

祈り続け、

神様に叫び求め続けました

 

でも、神様が送った救い人、

イエス・キリストを受け入れず、

排斥し、迫害し、

結局、十字架につけて殺しました

 

自分を助けに来た人を

自分が殺してしまう、

ありえない悲劇が起こってしまいました

 

例えば、

川で溺れているときに、

助けに来てくれた

たった1人の人の手を振り払い、

その人を銃で撃って殺したとしたら、

結局、自分も死んでしまうしかないでしょう

 

 

 

なぜ、

自分を救いに来てくれたキリストを

殺してしまったのでしょうか?

 

 

 

それは、わからなかったからです

 

イエス様が神様が送った方だということ、

ずっと待っていた人だということ、

自分を救いに来た人だということが

わからなかったからです

 

わかったならば

殺さなかったはずです

 

そして、ユダヤ人たちは

今もメシアを待ち続けています

すでに、メシアは2000年前に

来たにもかかわらず、です

 

さて、イエス様は

昇天なさる前に弟子たちに約束されました

「私はまた来る」

 

それが、メシア再臨の根拠です

それから2000年経ちました

 

 

あなたはキリストが再び来るのを

待っていますか?

 

そもそも、自分にとって

キリスト、救う人が必要だと

思っていますか?

 

神様は、全ての人を救うために

イエス・キリストを送ってくださり、

全ての人のために

キリストを再び送ってくださいます

 

 

 

自分が溺れているから、

助けが必要なように、

 

全人類が救われる必要があるから、

神様は救い人を送ってくださいます

 

なぜ、自分に救いが必要なのか、

多くの日本人は

まずはここから学ぶ必要があると思います

 

 

私も、摂理の御言葉を聞いて初めて、

自分が溺れている状態だということ、

救いが必要な存在だということを

知りました

 

聖書を学ぶこと、

神様を知ることは、

自分自身を知ることです

 

知ること、学ぶことはとても大事です

 

今年のクリスマスは、

クリスマスの本当の意味と

神様と自分について

考えてみることをお勧めします(^^)

 

あっこ

 

 

P.S.

 

ちなみに、

「ジーザス・クライスト・スーパースター」という

ミュージカルが流行ったりもしましたが(古すぎ??)

 

メシア(ヘブライ語)=キリスト(ギリシア語)=クライスト(英語)

どれも同じ意味です

(あったり前じゃん、という方いますよね。失礼いたしました(^_^;) )

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.
あっこ

あっこ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。夜中まで働き、海外出張もこなすキャリアウーマンだったが、摂理での結婚、出産により、在宅勤務を経て、完全退職。今は、主と共に小学生の娘(11歳)と息子(7歳)の育児に奮闘中!趣味は食べること、旅行(学生時代にユーラシア大陸を陸路で横断した経験あり

関連記事

  1. 摂理二世/子供・子育て

    摂理の子供たちのクリスマス

    (↑クリスマス会の司会は小学生)摂理ママのあっこです今…

  2. 私が見た摂理

    神様の働きを信じますか? 〜あっこママの体験より

    摂理ママのあっこです今週、神様は鄭明析先生を通して「しるし…

  3. 私が見た摂理

    カルトは怖い!実体験レポート!カルトと呼ばれる摂理

    カルトって?『カルト』と聞いてどういうイメージ…

  4. 私が見た摂理

    摂理にいて良かったこと 〜永遠の友だち

    摂理にきて良かったことはたくさんあるけれど、そのうちの1つは、…

  5. 私が見た摂理

    かっこいい生とは、スマートな生ではない

    摂理ママのあっこです先日、幼稚園で運動会の係り決めがありました…

  6. 私が見た摂理

    終戦記念日、平和について考える

    摂理ママのあっこです終戦記念日の昨日、都心のJR駅を出たら…

Twitter でフォロー

オススメ記事

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

168人の購読者に加わりましょう

  1. 摂理の結婚生活

    ちょっと気になる摂理の結婚!祝福・結婚式〜私の体験談〜
  2. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して良かったことーその1【お祈り】
  3. 摂理の結婚生活

    結婚して大変だったことは?
  4. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して良かったことーその2【共同ブログ】
  5. 摂理の結婚生活

    結婚って何?
PAGE TOP