みなさんは将来に向けて、何かしていますか?

僕ももう40歳をまじかに控えています。

いつまでも若いままではいられないですよね。

自分の事だけを考えて生きていたらいけませんよね。

親も年を取りましたし、介護について調べないといけないし、

家族、妻や子どものことも考えないといけません。

自分自身の老後のことも考えないといけません。

みなさんもそうではないでしょうか?

将来を考えないでいい人はいないのではないでしょうか?

まぁ、考えるのが遅すぎると言う人もいるのではないでしょうか?

考えるのが遅くなったとしても考えないといけませんよね。

この肉体を持って生きているからこそ、人生も考えないといけないですよね。

信じるだけで天国にいけるのではなく、

実践することの大切さを教えてくださいました。

 

[鄭明析牧師による主日の御言葉から]

『自ら行なう人は大変ではない』

[御言葉] 鄭明析牧師

[本 文] マタイによる福音書11章29~30節

ハレルヤ!

永遠でいらっしゃる神様の愛と御子の平安を祈ります。

人は何か「ただ」で拾ったり、得たりしたら本当に嬉しいです。

しかし実際「ただ」はほとんどありません。みんな過ぎた日に自分がどれだけ「ただ」で得たか考えてみてください。ほとんどないでしょう?「ただ」ばかり望んで生きたら、「得るもの」がありません。

だから「ただ」を望むより、条件‐対価で「行なわ」なければなりません。自分が労苦して作って行なって、期待以上に得れば「ただで得ること以上の喜び」が来ます。

 

試験問題を解く時も、ただで得たように山をかけて問題を当てるより、自分が労苦して勉強して問題をよく解けたら、それがもっと大きい喜びであり、やりがいです。

 

会社でも「ただ」で何かもらったら嬉しいけれども、自分が労苦して行なって期待以上に認めてもらい、得たら、それがもっと大きな喜びであり、やりがいです。

 

万事全てがそうだし、信仰の世界においてもそうです。だから今年も熱心に行なわなければなりません。神様は御心の中で絶対に、行なったとおりにくださるから、熱心に行なうべきです。

 

道や市場では何もしないのに「ただ」ではくれません。

お金を払って買わなければならず、それを買ったから「おまけ」でもっとくれることもあります。

 

これと同じく私たちが行なってこそ、その条件の上に神様も「おまけ」でもっとくださり、行なったことの上に「ただ」でもっとくださって、財を得たように嬉しい気分にしてくださいます。

何もしていないのに、全く何もしないで「ただ」で得ることは難しいです。

行ないつつ、自分が行なったことの上に「おまけ」でもっともらうのです。

だから「熱心に頑張ること」が答えであり、「行なうこと」が答えです。

 

今日の御言葉!! 自ら行なう人は得て、大変ではないけれど、

自ら行なうにしても、神様と聖霊様と御子と主を前に立てて、

「頭」にして、行なう皆さんになることを祝福します。

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
prov人生

prov人生

ハレルヤ! 大阪で、家族4人で暮らしています。御言葉で子育てに奮闘中! 自分だけでなく、周りもイキイキと過ごせるようにしたいです。
prov人生

最新記事 by prov人生 (全て見る)