こんにちは

摂理のあっこママです

 

長くて楽しい夏休みが

終わり

学校が始まりました

夏休みの宿題の

最後に残ったのが

読書感想文

 

ぎりぎりまで

”本”が決まらず

 

推薦図書は

図書館や近くの本屋さんでも

のきなみ売切れ

 

ようやく近くの図書館で

良さげな本を見つけて

何とか書き上げて

学校に提出しました

 

間に合って良かった

 

読書感想文といえば、、、

 

私が小学生のときに選んだ本は

『アンネの日記』でした

 

 

第二次世界大戦のときに

ユダヤ人大虐殺の犠牲となり

長い間隠れ家で生活し

強制収容所に連行されて

終戦直前に

幼くして死んだ

少女の日記です

 

小学生の私の愛読書でした

何の罪もない少女が

なぜ

死ななければならなかったか

 

私の長い間の疑問でした

 

大学のときに

ポーランドの

アウシュビッツ収容所を訪問し

その悲惨な現実を目の当たりにし

さらに疑問は深まりました

 

そのあと、摂理に出会い

聖書について

神様について学ぶとき、

最初に質問したのも

「どうしてユダヤ人大虐殺があったのか」

「どうしてあんな悲惨なことが起きたのか」

でした

そして、、、

その答えは

なんと

聖書に書いてありました

 

私が幼心に抱いた疑問

10年以上たって

神様が聖書を通して解いて下さいました

 

今は

罪もない幼い少女が

なぜ死ななければならなかったか

知っています

 

それを見続けるしかなかった

神様の悲しい涙を

知っています

 

そして、今は

つらく悲しい神様の心を

慰めて差し上げたいと

願っています

 

 

知るということは

とても大事なこと

 

目が開くということは

とても大きなこと

 

あなたが

幼いとき

心に持った小さな疑問

解けていない疑問

その答えが

聖書にあります

 

聖書には

あなたを

誰よりもよく知っている

神様からの

メッセージが

たくさんつまっています

 

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)