凝り性ではなく、
凝り症(この単語は存在するのか?)だそうです、私。
そう、何かをするのについつい凝っちゃう、じゃなくて
何をしてもついつい(肩が)凝っちゃうんです。

 

しかも一生治らないと…orz

 

万年肩こりだと諦めてましたが、
まさか不治の病(?)宣言されるとは(–;

先週、実家に帰ったついでに
実家近くの鍼灸接骨院に行ってきたんです。
風邪を引きやすい私を母が心配し、
せっかくだから行ってきなさいと紹介してくれました。

私の自覚症状としては
・肩こり&首こり(万年過ぎて痛みを感じない)
・耳の後ろに凝り(パパにスマホやりすぎと言われてる)
・風邪を引きやすい?(季節の変わり目だからかと…)
・かみしめ癖がある(朝起きると顎関節が疲れてる)
でした。

でも言われたのは、
・誰の遺伝子かはわからないが、凝り症だから一生治らない
・かみしめ癖もそこから来ているが、
老齢期になると目の痛みや頭痛につながるかも
(→母が同様の症状を持っていた…!orz てことは、母方の遺伝子か…!)
・眼精疲労はないようだ
・できれば毎日でも通って治療したほうがいい

そこは下町のって雰囲気で
50代くらい?の鍼灸師さんが治療してくれました。
私がこの日しか行けないとのことで、
「できることは全部やります」と
診療時間を過ぎても
電気マッサージ→オイルマッサージ(接骨院でオイルマッサージなんて初です…!)
→鍼治療→鍼に電気流す→鍼を入れる
と丁寧に治療をしてくれました(TT)

 

というわけで今、私の耳の後ろ~肩+腰に
15本の鍼が入ってま~す。

 

長ければ1週間はもつと言ってくれてましたが、
無事1週間持ちました^^
入れてからかみしめ癖が和らいでいるのか、
朝起きても違和感がないし、日中も症状がなくなりました…!
痒くなったり、
鍼を留めてるテープがダメになったらはがさないとですが、
一生抜きたくないです(TT)

これだけ腕が良くて、人柄もよく、
しかも低価格の鍼灸接骨院でホント最高だったのですが、
ただ一つ難点が………

 

実家近くだから、普段は通えないことです…orz

 

この鍼を抜いた後、どうしよう…と
真剣に腕が良くて低価格の鍼灸治療院を探しています。。。
原因がはっきりわかることって本当に大きいですね。
次の行動を決められますから。

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

Ricca

摂理に来て12年、家庭をもって4年、2歳の女児がいる新米ママです。思い通りにできなくて自分にイライラしちゃうこともある、フツーの人です。好きなものはチーズ、グレープフルーツ、固めのプリン、ビターチョコレート、御言葉。これまでの人生、器用貧乏で専門性に欠けるのが悩み。

最新記事 by Ricca (全て見る)