摂理ママのあっこです

何年か前、
学生時代の友人から
発行したばかりの書籍が送られてきました。
「ぼくの20数年間の集大成です」

その本は
《神はいない》ことを証明した、
という内容でした

私が学生時代、友達数人で行った
ヨーロッパ旅行(ロシア経由)、

約1週間乗ったシベリア鉄道で
彼に出会いました

IMG_0991

高卒の彼、
趣味も考え方も全く違ったけれど、
なにか馬が合い、友だちになりました

哲学に傾倒していた彼は、
神様がいないということを主張していました

私はちょうど摂理に出会った頃、
神様の存在を認め始めていた頃で、
いろいろあって疎遠になりました

20数年経って
彼からの書籍が届いた時、
ため息が出ました

「20数年の集大成が神様はいない、か。

ああ、この人は長い年月を

もったいなく使ったんだ」

そして
彼に神様を伝えられなかったことを
神様に申し訳なく思いました

FullSizeRender(2)

2016年8月25日 鄭明析牧師の明け方の箴言より

「人間は<神様>を疑って、確認しようとする。確認して考えているうちに時間が全て過ぎてしまう。<神様が行なわれたこと>を人間がどうやって全て確認できるだろうか。」

「<神様>を信じず、<神様が行なわれたこと>を信じずに疑うから、彼らには「神様の考え」が共にしない。 だから<神様>も<神様が行なわれたこと>も全く悟れない。だから違うと言うのだ」

「すべてにおいてエホバを「認め」なさい。」

 

神様、本当にそのとおりです。

 

彼が神様を認めない道を選ぶから、

「神はいない」と主張するのです

 

神様に出会い、神様を認め、
神様を信じて生きている私の生が
いかに幸せか、

20数年経って
改めて実感できる御言葉です

 

神様、感謝します!!

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)