前回(昨日)からの続きです
おはじきを誤飲した
摂理ママあっこの子ども子供
私が知らない間に
おはじきは
子どもの喉を通り過ぎ
危険は過ぎていました悲しい
こうやって
本人も知らないところで
助けられていること
実は、
たくさんあるのです♪
ふっと気が向いて
右の道を選んだら
左の道で事故が起きたかも
しれませんショック
何事もなく過ぎていく日常の中おてんき月
本人は知るよしもないけど
その、ふっと、は
神様が与えて
助けてくださったものきらきら
知ってることだけ感謝しても
ほんの一部・・・
知らないところで
たくさんたくさん
助けられている
摂理ママのあっこは
改めて深く悟り、
感謝しましたheartheartheart

(誤飲した翌日、子どもが撮った写真、
 ハートの小石がうつってました)
それを改めて感じたのは、
先週、摂理の礼拝で聞いた
御言葉があったから
<この世で最高に大きいこと>は、
一つ、「肉体が死ぬところから助けてあげたこと」であり、
二つ、「霊魂を救ってあげること」だ。

「知っている人」が代わりに祈ってあげなさい。
知らなくてできないから、教えてあげ、行なうようにしてあげなさい。

全てを「知っている」神様にじにじ
その神様が遣わした救い人が「知っている人」にじ
救い人は
私たちの罪を、自分の罪だと思って
私たちの代わりに祈り、
悔い改め
条件を立ててくださいましたハート
「私は神様から助けられたことはない」と
誰一人言えないのと同じく
「私は、罪がない」
「私は、救い人が必要がない」
と言える人は誰一人いません!!
私たちが知らないところで助けてくださるハート
罪を代わりに背負い、許してくださるハート
その救い人の価値をわかって
感謝して
神様の御心通りに生きることを願いますkyu
あっこ苺

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)