こんばんは
摂理ママのあっこです苺
「ふぅ、、、
 アタシの生活こんなんでいいのかな」
「うちの子、こんな毎日で大丈夫かな。
 ばかになっちゃったりしないかな」
ため息をつくことがありますゆう★
3歳児がいるあっこママの毎日といえば、、
朝起きて
子供にご飯を食べさせ時々ウインクペコちゃん
公園か、児童館に出かけて
3歳児を追いかけ回しにた
昼ご飯を食べ、昼寝をさせて、
起きたらまた遊んで
夜ご飯を食べさせて
お風呂に入って寝かせるkyu
疲れて一緒に寝ちゃう_| ̄|○

もちろん
ただのママではなくて
摂理ママですから
賛美を歌い、神様のことを考え、対話しハート
脳は忙しいですがにじ
肉的に考えると
やっていることと言えば
ご飯、遊ぶ、寝る♪
ご飯、遊ぶ、寝る♪♪
  :
ひたすらこの繰り返し
(幼児中心の生活なので
 ママも幼児と同じ生活をします)
あっこもそうですが、
元々キャリアウーマンとして
バリバリ働いていたママたちは
たえ難い時間だったりするわけですDocomo_kao8
幼児は遊びの中で、
毎日繰り返される日常生活の中で
ものすごく大事なものを
学び、吸収しているわけですが
大人から見れば
無意味な時間に思えてしまうのですDocomo_kao19
それで
0、1、2歳の乳幼児が公文に通ったり
フラッシュカードなどの早期教育や
お教室(受験のための塾)が人気ですぴのこ:)
3歳児ともなれば
複数のお稽古ごとに通っている親子は
多いです手
何か意味あることをしなければ、と
ママたちの焦りが
駆り立てているのかもしれませんぴのこ:)ぴのこ:)
今日、先生は御言葉でおっしゃいました
幼い時に「一年間行なったこと」が、
成長して「一日行なったこと」ほどにも及ばない。

そっか
幼児は幼児らしい1日でいいんだ
大人から見て意味がある1日を
幼児は過ごす必要はないんだヤッタv
箴言を聞いて、とても納得して
今日はすっきりとした気持ちで
公園で子供と遊びました手
幼児と大人にこれほどの差があるように、
いやもっと
人間と神様の時には大きな差があります
人が「しばし」対話した後に見たら、
「一日を生きて死ぬカゲロウ」は
すぐに老いてしまった。
そして人が「しばし」田畑に行って帰ってきて見たら、
「一日を 生きて死ぬカゲロウ」は
すでに病気になって息苦しくしていた。
神様の前で人間がこれと同じだ。
<天の国と世の中の時間の比率>を悟りなさい。

大人が意味ある人生を過ごしていると思い
自分の人生が長く続くと思っていても
かげろうのように
その人生はあっという間に過ぎます_| ̄|○
そして、
その後は、、、、
ちょっと待った
いま、あなたが行っているその道、
神様から見て
本当に意味ある道を行っていますか?
ちょっと待った
いま、得たいと願っているそのこと
あなたの永遠な生から見て
本当に必要ですか?
ちょっと待った
今がどういう時か
わかって生きていますか?
ちょっと待った
とても大事なことを
諦めようとしていませんか?
あっこ苺

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)