昨日の朝起きたら、
左耳の下になんかシコリができてました。
スーパーボールくらい?
押すとなんか痛い…

虫歯は先日の検診でもなかったし、
噛み締め癖があるので
そのせいかなぁと思ってました。

でも夕方くらいになると、
なんかダルい。
夕飯作りを目前にしてダウン。
寝てると節々が痛く、
あ…なんかマズイかも?
と思ってました。
この時点で体温37.4°C。

パパが夕飯を買ってきてくれたのを食べると、
左耳の下が激痛。
文字通り半泣きで食べてたら、
娘に「ママ、泣かないで」と言われました(苦笑)

そしてその後、みるみる熱が上がり、
明け方には38.7‼︎

この歳でこの熱ってキっツイですね〜…

 

我が家は両親も義両親も遠方です。
両親は愛知、義両親にいたってはなんと山口。
今まで乳腺炎になっても
年末年始と重なってパパがいてくれて、
一時保育も両親召喚(笑)もなく、
どうにかこうにか切り抜けて来ました。

が、今回はツライ、ツラすぎる。
(↑もともと痛みに弱い人なので、若干大げさです)
本日午前に耳下腺炎との診断を受け、
実家の母に連絡すると、
新幹線に乗って
なんと来てくれることになりました。

 

ありがたし‼︎

 

ママはいいんだけど、娘がね…(T_T)
まだ3歳、
一人でずっと遊ぶこともできず、
ママにべったり…うぅ、移りませんように。

 

ちなみにお医者さんの話によると

・娘も保育園等には通ってないし、
周りでおたふく風邪との話もないのなら、
おそらくおたふく風邪ではないだろう
(可能性はゼロではない)
・おたふく風邪はムンプスウィルスが
耳下腺に特化して入るもの
しかし他にも耳下腺炎を起こすウィルスがあり、
血液検査をしないと見分けられない
・おたふく風邪(流行性耳下腺炎)だとしても、
他のウィルスが原因での耳下腺炎だとしても、
対処は同じ
・唾液を分泌する腺が
耳下、顎、舌下と3箇所あるが、
今回は耳下腺にウィルスが入って炎症を起こしているのだろう
・レモンや酢の物など酸っぱいものを食べると
唾液を分泌するため、
痛いから避けるように
・患部を冷やすと少し楽になるかも
・免疫が落ちているので、
他の病気にもかかりやすいから、
とにかく安静にしているように
・完治までには4〜5日かかる
・娘に移らないよう注意を

とのことでした。

薬は、
・トランサミン 1回1個
・ブルフェン 1回2錠
・カロナール(上記服用しても
熱が下がらなかったり、
痛みがある場合に服用)
を6日分処方されました。

診察+薬で1,190円でした
(思ったより安かった)

泣く泣く朝食を食べて
(↑左耳の下が痛いから)
処方された薬を飲んだら、
少し熱が下がったようです。

 

あと2時間ほどで母到着予定です。
娘よ、一眠りさせてくれ…
(現在ママの周りでいたずら中・涙)

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

Ricca

摂理に来て12年、家庭をもって4年、2歳の女児がいる新米ママです。思い通りにできなくて自分にイライラしちゃうこともある、フツーの人です。好きなものはチーズ、グレープフルーツ、固めのプリン、ビターチョコレート、御言葉。これまでの人生、器用貧乏で専門性に欠けるのが悩み。

最新記事 by Ricca (全て見る)