虫ネタが多い、あっこママですが(^_^;)

 

昨日、お出かけしようとしたときに、

7歳のトラ君が

「あ、ようちゅうがいるよ!」

クワガタの飼育ケースをのぞいて指差した

 

コクワガタのメスがいるはずだが

最近は姿が見えず、

餌も減らないので、

死んだか、冬眠に入ったか、

どっちかだろうと思っていた

 

飼育ケースから見える小さな幼虫を見て、

小学校高学年女子のチタちゃんも

「あ、ほんとだ。かわいいー」と

見つめている

 

幼虫はけっこうグロテクスで

高学年女子にとっては、気持ち悪いはずだが

 

でかいカブトムシの幼虫が9匹もいるので、

幼虫に慣れてくると、

手も顔も体も小さい幼虫は、

そのちいささがかわいく感じるのだ

 

しばらくしたら

コクワガタの幼虫は見えなくなった

 

私「よく見つけたね、トラ君」

 

トラ君は嬉しそうにへへっと笑った

 

 

コクワガタの幼虫の飼育について

調べてみなくっちゃ(^_^;)

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)