あっこママ、体のあちこちがかゆく、

両目が腫れあがって充血している(^_^;)

 

チタちゃんが塾に行った、ある平日の夕方、

目があまりにかゆくて目を閉じているうちに、

うとうと昼寝をしてしまった

 

しばらくすると、7歳のトラ君が声をかけてきた

「ままぁ、ねてていいよ。ぼくがご飯作るからね」

キッチンでなにやらせっせと作っている様子

 

普段はそれほどお手伝いもやろうとしないトラ君、

なにか作れるものがあるのかな。

 

そう思いながら、横になっていると

「できました。どうぞどうぞ」

 

あっこ「ご飯よそった?」

トラ君「あ、忘れてた。ちょっと待ってね」

 

トラ君に呼ばれて、食卓に行くと、

食卓の机に置いてあったのは、

コップに入った水とご飯とお箸。

(声をかける前は、お水とお箸だけだったのかも 笑)

 

トラ君「まずお水をお飲みください。おかわりありますよ」

 

冷蔵庫を見ると、

水を張ったコップがたくさん入っていた(^_^;)

 

ご飯を一口食べるごとに「お水もどうぞ」とうながされる(笑)

 

タイマーがかけてあって5分ごとに

新しいお水がコップに追加される

おなかがだぼだぼになった(笑)

 

今日の夜ご飯は、

ご飯1杯と少々のおかず(あっこママが作った)

そしてコップ5杯のお水!

おなかがいっぱいになった(笑)

 

 

 

かゆくて眠ってしまったあっこママのために

夜ご飯を作ってくれようとしたトラ君、

やさしいなぁ

 

水攻めにはびっくりしたけれど、

その気持ちは、大事にしなくっちゃ

 

翌朝、冷凍庫の奥から

中の水がカチンコチンに凍ったコップが数個でてきた(笑)

 

なんだか可愛いというか、なんというか、、、

 

男の子って、やることがあほっぽくて、憎めなくって、かわいいなぁ

 

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)