小学6年生のチタちゃんは

夏休みをとても楽しみにしている。

「だって、摂理の友達たちとお泊まり合宿に行けるから!」

 

子供たちがとても楽しみにしているお泊まり合宿、

摂理の小学生たち(低学年/高学年)が集まって、

面倒を見てくれる大人たちと一緒にキャンプに行く。

 

子供の人数も増えてきたのもあり、

夏のキャンプに参加する人数は100人を超えることもある

 

ここで大事なのが、大人たち。

子供に関わることに使命感を持っている牧師さんや教師たち、

子供たちの面倒を見る若者たち、

 

それ以外にも親たちや、

子供が好きなメンバーや、

様々な大人たちが合宿を支えている

 

一緒にダイナミックに遊んでくれるパパたちも

合宿のスタッフとして多く参加している

 

大勢が動くので、交通手段も重要。

ここでもパパたちが大活躍!

 

去年は中型バスを数台借りて、

パパたちが交代で運転していった

 

ぱんだパパはおだやかな性格に反して、

摂理に来る前はレーサー志望だったとか。

たしかにたまにスピード出しすぎのことがあるっけ(^_^;)

 

運転がとてもうまいので、

合宿の交通面を仕切っている男子三兄弟のパパから

「ぱんだパパさんも中型免許取ってくださいよ」と

数年前から勧誘されていた

 

でも、ずっと仕事がとても忙しく、

土曜出勤も当たり前だったので、

休みを取って、中型免許を取りに行く時間が取れなかった

明日に続く)

 

あっこ

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)