昨日、主日礼拝が終わった後、

自転車に乗りに

家族で東京の海辺に行った

 

雲が不思議な形(左上には、人のような姿も見える)

 

↓鳥の羽のように見えた

 

↓雲の色が虹色に(写真中央の雲が虹色だった)

 

↓夕方の雲と空。赤、ピンク、紫、黄、青、緑まで見えた

(写真に写らないのが残念なくらい)

 

夕焼けを見ながら、

11歳のチタちゃんが「神秘的だねー」とため息をついた

 

 

万物で語られる神様、

空いっぱいの雲を使って

さまざまな空の色を通して

雄弁に語っておられる神様を感じた

 

神様が創られた空や雲、

その中に調和する人間と人間が作ったモノたち

日本にいるんだけど、日本ではないような

日常の一コマなんだけど、

非日常空間にいるような

そんな不思議な感覚がしていた

 

真っ赤な夕暮れの中、

自転車に乗ってあちこち走り回り、

ジャングルジムでぱんだパパと鬼ごっこをした子供たち、

とても楽しかったようだ(^^)

 

 

あっこ

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)