この前、お祈りしていたら、

私が摂理で信仰を守っていく中で、

いかに子供たちに助けられているかを改めて感じた

 

そして、主人にも助けられているのを感じた

 

人天使(人間だけど、天使みたいに助けてくれる人)が

私の周りにいるんだ

 

4月に入院して

目や神経をやられて、調子を崩して以来、

車を運転するのが怖くて怖くて、

もう運転はできないだろうと思っていた

 

しばらくして、

娘のチタちゃんが教会に行きたいと言った

 

最初は丁重にお断りしたのだが(笑)、

聖霊様の感動か「ぜったいママと行きたい!」と主張、

彼女と一緒に教会に行くために、

心底ふるえながら、どきどきしながら、

久しぶりに車を運転した

普通2−3回で入るはずの車庫入れ(駐車場への停車)だが、

10回以上かかって、

ようやく駐車場に車を停めることができた

 

翌日は雨、

今日も行きたいというから

雨の中での運転は怖いけれど、

手が震え、心臓がばくばくいうけれど、

怖い気持ちを抑えながら、なんとか運転した

 

何度か運転しているうちに、

徐々に運転しても大丈夫なことがわかってきた

 

運転ができることで、自分も自力で

教会に祈りに行くことができるようになった

 

そのようなことはたくさんある

 

ぱんだパパ(主人)がいるから、

子供たちもあっこママも

生活できるのはもちろん、

影に日向にいつも助けてくれて、

支えてくれる

 

もちろん、私がいるから、

彼らが助けられていることも大いにあるけれど、

でも、彼らがいてくれなかったら、

私は今のように、神様を愛して生きていられただろうか

 

(↑チタちゃんからの折り紙のプレゼント)

 

神様が私が神様を信じて愛して生きることができるように、

彼らを私のそばに送ってくださったことを感じ、

神様に感謝している

 

生活の中ではいろいろあって、

本人たちを目の前にすると、

思わず怒ったり、叱ったりしてしまうのだが(^_^;)

 

私を助けるために神様が送ってくれた

我が家の天使たち、

 

もっと大事に、

もっと愛を伝えて生きないといけないなぁ

 

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)