またまた虫ネタのあっこさんです

 

我が家の玄関においてある

カブトムシの飼育ケース(名付けてカブトタワー)

 

「オスは何匹かなぁ」

と楽しみにしていた小学校1年のトラ君。

 

昨夜、飼育ケースを開けてみると、

地面からオスの立派なツノが何本も出ていた(^_^;)

 

「カブトムシのオス、何匹いるかな?」

数えられるだけでも、4匹はいる。(赤丸1匹ずつと、青丸に2匹)

というわけで答えは4匹。

 

 

オスは一緒にしておくと

けんかをして弱ってしまうため、

飼育ケースを分けておいたほうがよいそうだ

 

 

「もう戦ってツノだけしか残ってないかも。きもーーーい」

6年女子のチタちゃん、怖がって遠くからのぞき込んでいる。

まだ羽化したばかりで、戦いモードには入ってないと思うけど、

けんかを始めるのは、時間の問題。

 

それを聞いて、運動会の応援に来ていた

田舎出身のおばあちゃんは過激な発言、

「そんなにたくさんいるなら、自然に任せて、共食いさせれば?」

それを聞いて、子供たちからブーイング(笑)

 

他の飼育ケースでは、ケースの上にある

コバエシートに穴が空いていて、

天井にカブトムシのオスがへばりついていた(^_^;)

 

 

すでに5匹のオスが目撃された。

これから一体何匹出てくるんだろう(^_^;)

うちにある飼育ケースで足りるかなぁ。

 

とりあえず、今日、100円ショップに行って、

カブトムシの成虫の環境に必要なものを買ってこようっと。

 

カブトムシのオス、

教会の虫好き男の子にあげようかな〜。

 

誰か欲しい人いますか?

 

 

あっこ

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
アバター

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 中学生のチタちゃん(女子)と小学校低学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中!子供が学校にいる時間に主婦パートのお仕事をしています(^ ^)