摂理のあっこママです

 

先日、小学校のママ友と

お料理教室に参加してきました

 

複数の料理を同時並行で

手際よく作るお料理の先生、

 

20分もしないうちに、

主食、副菜など5品が

あっという間に出来上がりました

 

なるほど、

料理は段取りが大事だとよくわかりました

 

その次は実習、自分たちで実際に作る時間でした

 

これが驚きだったのは、

同じテーブルの7人、

一緒に来たママ友以外は

初めて会った人たちだったのですが、

打ち合わせもなしに、

あうんの呼吸で、役割分担をして、

ささっと料理を作りあげてしまいました

 

「私、これ切ります」

「はーい、じゃ、まな板洗っとく」

「じゃ、私、こっちの下ごしらえしておきます」

 

お互い、必要なところを補いあって、

空いていることをやり、

休んでいる人はおらず、手際が良い!

 

料理が出来上がるころには

片付けも洗い物も全て終わっていました(笑)

 

 

ママ友と笑いながら

「主婦同士が同居したら、料理も家事も楽で、いいね。

主人や子供がいても、こうはいかないもんね」

 

お料理教室の先生の手際の良さと

段取りの良さに学ぶところが多かったですが、

主婦たちに手際の良さも驚きでした(笑)

 

個性が違う人たちが、

1つの目標に向かって、できる力を出し合い、

助け合うっていうのは気持ちがいいな、と

思いました

 

そのためには目標がはっきりしていて、

お互いに話し合いながら、

お互いに協力することが大事ですね

 

摂理には、そのような仲間たちがいます

 

昨日、主日礼拝を捧げた後、

教会の子供たちの教育について

10人ほどが集まり、話し合いをしました

 

乳児の親、小学生の親、教師として関わる方、

教会との橋渡しとしての立場の方、

 

それぞれの事情や状況、個性の違い、

年齢、性別、立場、仕事の違いを超えて、

同じ目的に向かって、相談し、協力できる仲間たち

 

話し合いの中で、上手く話せた部分と

後から考えて、こうすればよかったな、と

思うこともありましたが、

 

一緒にご飯を食べながら、

お互いに信頼しあって話し合いができた、

とても心地よい時間でした

 

もちろん、

いろいろな状況、個性の人がいるので、

問題が起こることもあるし、

失望することもあるけれど、

 

個性がまったく違っても、

一緒に目標に向かって相談し、協力できる

仲間がいることは、本当に幸せなことです

 

自分1人の力で絶対に得ることはできない、

神様がくださる祝福、

摂理にいると受ける恩恵がとても大きいです

 

神様の世界、神様の懐にいる祝福に

心から感謝します!

 

あっこ

 

 

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)