摂理のあっこママです

 

今年の夏、

パン好きのトラ君のために

しばらく使っていなかったホームベーカリーで

パンを焼くことにしました

 

 

グルテンフリーに近づけたくて、

自然食のお店で玄米粉を買ってきて、

小麦粉と混ぜて、必要な材料を入れて、

ホームベーカリーにセット、

4時間後、

部屋中にいい香りが立ち込めました

 

ふむふむ、しばらく使ってなかったけれど、

ちゃんと機械は動くみたい ♬

 

「おいしそー」

嬉しそうにトラ君が覗きこみます

 

出来上がったいい匂いがするパンを

パン切り包丁で切っていくと、

ごとっ、

妙な違和感、

 

柔らかいパンにはないはずの

硬い異物感です

 

 

ざくっと切ってみると、

黒い粉・・・・

 

「これは一体なんだろう」

しばらく思考停止するあっこママ

どうやら、

小麦粉の袋に同梱してあった乾燥剤を

一緒に入れて焼いてしまったようです(汗)

 

「トラ君、ごめん。このパン食べられないや」

「えー」とがっかりするトラ君

 

黒い粉が出てきたのが

ショッキングで

トラ君ががっかりしているのが気にかかり、

 

心の中で

「神様、これはどういうことでしょうか?」

と神様に聞いてみました

 

最初に浮かんできたのが

「確認」

そして、

「外側と内側がちがう」でした

 

 

今週の主日より

「海に網をかけておいたから、魚が捕れるだろう」と思わないでください。漠然と「うまくいくだろう」と思わないで、確認し、確実につかまえてくるまでは、断言できません。<想像>は「実体」ではありません。<自分の考え、自分の意志>では自信を持っていても「間違っていること」があまりにも多いです。だから、「行ないながら、確認」しなければなりません。

 

人々は<外側>だけを見たのでは分かりません。<内側>を100%確認するまでは分かりません。接してみてはじめて分かります。<外側>だけを見ないで、主の言葉を聞いてみてから行ない、祈って神様と聖霊様に尋ねて答えをもらって行なわなければなりません。

「2017年 外側は美しいけれども、内側は違う。行ないで分かる」より

 

おいしそうに見えたパンが

中身に乾燥剤が入っていて

食べられなかったように、

 

人間も、美しく見えても

その中身まで美しいかは確認しなければわかりません

 

宗教も、

もっともらしく華やかで、安全に見えて、

良い世界(来世)が保証されているように見えても、

その先の世界が存在していない宗教もあり、

闇の世界へつながっている宗教もあります

 

小さいことから大きいことまで、

内側と外側が違うかもしれません

 

確認が大事です

 

あっこ

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)