摂理ママのあっこです

 

夏に飼っていた

カブトムシのつがい、

(メスは死に、オスがかろうじて生きています)

メスが土に潜って産んだ卵がかえって

飼育ケースの底に見える幼虫の姿から、

数匹いることはわかっていました

多分、5−6匹くらいかなぁ。

それほど大きい飼育ケースじゃないし、

10匹はいないだろうなぁ

 

 

さて、昨日、

幼稚園生のトラ君と一緒に、

カブトムシの土替えをしました

 

カブトムシの幼虫は、

土を食べるので、

エサをあげる必要はなく、

ほとんど手がかかりません

 

土を食べてウンチをするので、

徐々に土がウンチに変わっていきます

全部ウンチになると

食べ物がなくなるので、

たまーーに、土替えが必要です

 

幼虫がかえってから初めての土替え。

 

どこに幼虫がいるかわからないので、

プラスチックのスプーンで

少しずつ少しずつ

土(ウンチ)を捨てていきます

 

ウンチを触りたくないトラ君は

幼虫を発見する係り(笑)

 

「ほら!いたよ」

もこっと土が動き、幼虫発見!

 

「あ、また動いたよ。ほら、ここ!」

 

(↓新しい土の上に置くと、自分で土の中に潜っていきます)

これが、

何回も

何回も

繰り返されて、

なんと、、

20匹近くになりました

(写真は全て違う幼虫です、、、)

 

もっと多くの卵を産んで

土になった幼虫もいたはずです

 

カブトムシ、

恐るべき繁殖力です

 

 

5匹程度までは想定内でしたが、

10匹を超え、

幼虫同士が絡み合うように

動いていたときは、

「きもちわるーい!」と

思わず叫んでしまいました

 

あっこママ

「幼虫たくさんいたから、誰かにあげていい?」

 

トラ君は

「幼稚園の友達はみんな欲しいって言うよ」

 

学校からかえってきたチタちゃんは

「教会の小さい子たちにあげようよ。

きっとかわいがって育ててくれるよ」

 

さて、

カブトムシの幼虫の嫁ぎ先は

どこになるでしょうか(笑)

 

あっこ

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)