摂理ママのあっこです

毎日仕事が忙しい
ぱんだパパが休める祝日、
山の日(8月11日)に
家族で静岡県のキャンプ場へ
行きました

関東の天気予報は2日とも雨、

「今回は車中泊にして、
テント泊は次回にしようよ」

雨の中、
テントを張りたくないのは親たち、

小学生のチタちゃんは
「車中泊は飽きた!
せっかくテントを買ったんだから、
テントで寝たい!」と主張

親たちは
天気予報で雨が上がる可能性が
ありそうな場所を探し、
静岡県に決定。

当日予約ができる無料キャンプ場を
ぱんだパパがネットで見つけ、
車で向かいました

霧雨の中、
キャンプ場に着くと
すでにサイトには
テントがたくさんありました

「雨だけど、ここまで来たし、、、
テントで泊まろうっか」

今回は、BBQはなしで
テント泊が目的のキャンプと決めました

我が家は
キャンプのときの隊長は
ぱんだパパ(^^)

副隊長は小学生のチタちゃん

幼稚園生のトラ君と
あっこママは、
隊長と副隊長の指示に従い、
お手伝いをします(笑)

キャンプの回数を重ねている
副隊長チタちゃんが大活躍

いかに雨に濡れず、
撤収が楽かを
ぱんだパパとあれこれ相談しながら、
テントを張りました

霧雨の中、
まず雨よけのタープを張り、
テントの下にブルーシートを敷いて、
その上にテントを張ります

四隅あるので、トラ君も重要な戦力。

1時間ほどで
雨の中、テントを張り、
寝袋などをテントの中に入れ、
テント泊の準備は完了です!

今回も無理せず、
食事は外注としました(笑)

キャンプ場に隣接している温泉で
軽くそばを食べて、
お風呂にも入りました

すっきりして帰って来る途中
真っ暗闇の中、
小さいカエルが懐中電灯の光の中を飛び過ぎ、
小さいサワガニも道路を横切ります

「不思議だね。神様が送ってくださったんだね」

子供達が楽しみにしていたテント泊、
100円ショップで買った
蛍光リングを使って
1時間以上遊びました

テントの真っ暗な暗闇に
キレイな色が飛び交い、
すっかり興奮した子供たち、

大騒ぎをした反動で
あっという間に寝付きました

夜が深まるにつれて、雨が本格化し、
真夜中は、どしゃぶりでした

タープに水があたり、
他の音が聞こえない程の雨音・・・

このまま、
明日もどしゃぶりだったらどうしよう。。
テントの撤収とか大変そうだし、

そのあとにテントとかを干さないといけないけど、
都内のマンションだから、
庭もないし、干すのも手間だなあ

明日、雨がやんでくれるといいんだけどなぁ・・・

天気予報を何度も何度も見ながら
天気についてお祈りをしてから眠りにつきました

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)