はじめに

子どもが泣くと耳についちゃって…
特にママはすぐに反応しますよね。
飛んでいって慰めたり
親が疲れているとうんざりしちゃったり。

でも、子ども(幼児)が泣くのは
パターン化しているように思います。

今回はうちの娘の観察記録です。

 

物理的に痛い・痛そう

転んでケガをしたり、指を挟んだり。
肉体が痛いときですね。
多少の痛みなら、娘はお祈りすれば泣き止みます。
ホントに痛いときはお祈り+気がすむまで抱っこします。
それでもダメならおやつやおもちゃで気を散らし、
それでもダメならホントマズイ時ですね(病院へGO!)

「痛そう」というのは、
子どもは大人の反応にびっくりして
痛がるときがあるからです。
痛くないのに「痛いことなんだ!」
と思っちゃうのかな?
単なるビックリかな?

子どもが目の前で転んだとしても、
近くにいる大人が
「わー、ビックリしたねぇ」(のほほん)
くらいで対応すると、
案外泣かないことが多いです。

小さい子と一緒にいるときは、
大声を出さないで見守ってみてください^^

 

自分の希望が叶わない

癇癪です。

うまくできなくて悔しい
もっと食べたいのにくれない
欲しいのにとられた

…などなど。

状況や対処の説明をしたあと、
気がすむまで泣かせるか
もう一度挑戦させるか
他のもので気をそらすなどしています。

ちなみにパパはこの状態の娘を
「女優」と呼んでいます。

 

恐怖

この場合は不安要素を取り除いたり
パパ・ママが傍にいるから大丈夫だよ
なんて安心させたりすると落ち着きます。

が、大人にとってはなんでもないことで
怖がってる子どもの姿は
可愛くもあり、面白くもあり…^^;

…悪い親ですね。

あ、ママが怒ったとき…というのは、
やはり恐怖で泣いてるんですよね…?
冷静な諭し方も、もう少し研究しないといけません^^;

 

眠い

寝せればいいんですけど、
本人も寝たいのに寝つけないって時は
途方に暮れたくなりますよね…

小さめの穏やかな声で耳元で囁いたり歌ったり
背中をトントンしてるとそのうち落ち着きます。
親の根気勝負です。

 

さいごに

そういえば、赤ちゃんの頃のように
ママの気持ちが不安定なのを敏感に感じ取って泣く
…というのはなくなりましたね。
ママが不安定じゃなくなったのかしら?(嬉)
…ただ単に娘が慣れたのかしら?orz

子どもにはできれば
毎日笑顔オンリーで過ごして欲しいものですが、
なかなかそうもいかないですよね。

でも主に教えていただいた寛容な愛で
どーーーんと構えて子どもを安心させ、
泣く時間や回数を少しずつ減らしていけたらなー
と思います^^

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

Ricca

摂理に来て12年、家庭をもって4年、2歳の女児がいる新米ママです。思い通りにできなくて自分にイライラしちゃうこともある、フツーの人です。好きなものはチーズ、グレープフルーツ、固めのプリン、ビターチョコレート、御言葉。これまでの人生、器用貧乏で専門性に欠けるのが悩み。

最新記事 by Ricca (全て見る)