近所に住む教会メンバーのママさんが
お汁粉を届けてくれました。
白玉を作って入れて、早速いただきました。

ここのところすれ違いが続いて
なんだかんだ会えなかったので、
気にかけてくださっていたようでした。

 

摂理の教会には
自分を気にかけてくれている人が
必ずいます。

LINEやメールがなくても、
直接の言葉がなくても、
密かに心配し、祈ってくれている人が
必ずいます。

何より先生が
一人ひとりを本当に
気にかけてくださっています。
不思議ですが、真実です。

本当にあたたかい場所だな…と思います。

だから私は摂理が大好きです。
摂理の外でこういう関係は築けない
というわけではありません。
でも、肉親のように心配しあう関係は
なかなか築けるものではないと思います。

先生が誰に対してもそう接してくださるから、
先生を師と仰ぐ人たちは皆、
先生のように温かく接してくれます。

 

今年最初のお汁粉は、
「気にかけているよ」という
やさしい味がしました。

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

Ricca

摂理に来て12年、家庭をもって4年、2歳の女児がいる新米ママです。思い通りにできなくて自分にイライラしちゃうこともある、フツーの人です。好きなものはチーズ、グレープフルーツ、固めのプリン、ビターチョコレート、御言葉。これまでの人生、器用貧乏で専門性に欠けるのが悩み。

最新記事 by Ricca (全て見る)