パパともよく似たようなことを考えていて、
例えば同じニュースを見たときの
注目ポイントとかツッコミポイントとか
「え?そこ?」みたいなところが合致し、
同時に言葉に出して、
「真似しないでよ~~~!」とよく言ってます。

が、娘との以心伝心は
パパのとちょっと違って、
まさに今ママが考えていたことを
娘が言ったりやったりします。

例えば頭の中で流れている賛美を
娘が突然同じところから歌いだしたり、
娘がお祈りしてくれているとき
「このことについても祈ってほしい~!」
と思った瞬間祈ってくれたり、
絵本を読むときや片付けるとき
「これにしたら?」というものを
持ってきたり片付けてくれたり。

そんなことが1度や2度じゃなく、
日々繰り返されています。

 

本当に不思議です。

 

お母さんと子どもは
胎内で繋がっていたから、
しばらくは以心伝心で
ママの機嫌が悪かったり落ち着かなかったり
不安だったりするだけで
子どもが泣くこともある
…と聞いたことがあるけれど、
子どもが3歳でもまだ残ってるんですかね~。

もっと幼いと「泣く」でしか表現できなかったけれど、
大きくなって話せるようになったから
より見えてくるようになったのかもですね。

不思議な現象、
いつまで続くかわかりませんが、
楽しみたいです^^

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

Ricca

摂理に来て12年、家庭をもって4年、2歳の女児がいる新米ママです。思い通りにできなくて自分にイライラしちゃうこともある、フツーの人です。好きなものはチーズ、グレープフルーツ、固めのプリン、ビターチョコレート、御言葉。これまでの人生、器用貧乏で専門性に欠けるのが悩み。

最新記事 by Ricca (全て見る)