2011.3.11―――

あのときは結婚前で、
私はまだ人事部で働いていて。
会社説明会が終わって、
来社した学生を見送った直後だった。

よくエレベータが止まらなかったな。

札幌は震度3だったと思う。
あまりに長く続く揺れに、
上司が一言、
「これはおかしいな」と
静かに言っていたのを覚えてる。

それからフロアに戻ると
テレビがついていて、
「映画?」みたいな
津波の映像が流れていて、
逆に現実感がなくて、
私はすぐに席に戻ってしまった。

帰り、JRを降りた後に
札幌駅で見た現地の映像。
衝撃が大きすぎて、
急いで礼拝に行かなければならない
時間だったのに
立ち尽くしてしまった。

 

もう5年も前の話だけど、
あの日のことは
昨日のことのように思い出せる。

 

私は、被災地に行ったことがない。

 

行く機会がないまま、
5年が過ぎてしまった。
本当に申し訳ないと思っている。

私は札幌にいたから、
当日の地震のみならず、
津波の恐ろしさも
被害を受けた方々の大変さも
関東で食料や日用品が売り切れたり
計画停電があったりしたことも
全部体験していない。

ただ、テレビやインターネットで
聞きかじって知識を得たに過ぎない。

だから、
私が言うのはおこがましい、
とも思う。

でも。

Pray for Japan.

当時、たくさん聞いた言葉だ。
でも今、どれだけこの言葉の通りに
祈っているだろうか。

5年経って、
被災地の人が恐れているのは風化だという。
今や募金は当時の3分の1だという。
被災地ではまだ仮設住宅に暮らす人もいるし、
避難生活が続いて故郷に戻れない人もいるし、
原発の問題だって解決したわけではなく、
廃炉までには40年かかるという。

Pray for Japan.

震災から5年経つ今。
あの震災を忘れることなく
日本のために祈り続けたい。

そして被災され、
大変な思いをされた方の
心が癒されますように。
また様々な問題が
一番いい形で解決されますように。

今も、将来も
子どもたちの笑顔を守りたいから。

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

Ricca

摂理に来て12年、家庭をもって4年、2歳の女児がいる新米ママです。思い通りにできなくて自分にイライラしちゃうこともある、フツーの人です。好きなものはチーズ、グレープフルーツ、固めのプリン、ビターチョコレート、御言葉。これまでの人生、器用貧乏で専門性に欠けるのが悩み。

最新記事 by Ricca (全て見る)