つれづれ日記

ごんぎつね 〜日本人の神様観


摂理ママのあっこです

夕食前、小学生のチタちゃんが
教科書の音読をしています

「ごんぎつね」

いたずら好きのごんというキツネと
人間の兵十の物語です
(詳しいあらすじは、wikipediaのごん狐を参照のこと)

その中で印象に残ったのが、以下のシーン
「兵十は毎日届けられる栗や松茸の意味が判らず、知り合いの加助の助言で神様のおかげだと思い込むようになってしまう。それを聞いてごんは寂しくなる。」

兵十が「ふしぎなことがある」と
知り合いに話すと
「それは神様だ。神様をおがめ」と
言われます

「ああ、これ、
日本人の神様観そのもの!」
思わず叫ぶあっこママ、

チタちゃんは「へ?」と
音読をストップしました(笑)


日本人の『神』とは、
説明ができないもの、
理解できないものの
総称です

科学が発達する前は
雷は『神』でした

科学が発達した今は
雷は電気です

科学が発達する前は
地震は『神』の怒りでした

科学が発達した今は
自然現象です

科学が発達する前、
昔の日本人は
とても信心深かかったです

科学が発達した今、
日本人の多く、
特に若い人は
『神』を信じなくなりました

科学で説明できない
『神』の領域が狭まったから。


私も昔は、
『神』はいないと思っていました。

雷も地震も単なる自然現象だと
思っていました

神様が、
どのように地球万物に
人間に関わるか、
知らなかったから。

神様を感じたこともなかったし、
関心すら持ちませんでした

摂理で御言葉を聞いて、
鄭明析(チョンミョンソク)先生が
正しく神様を教えてくださったので

神様が非常に科学的だと
わかるようになりました

お祈りで神様と対話し、
たしかに存在する方だと
わかるようになりました

先生が伝えてくださる
摂理の御言葉のすばらしさは
本当にいいつくせません

神様を知っていた人でも
神様を知らなかった人でも、

なんとなく疑問に思っていたことも
はっきりと問題と思っていたことも
すべて解く力があります

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.
あっこ

あっこ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。夜中まで働き、海外出張もこなすキャリアウーマンだったが、摂理での結婚、出産により、在宅勤務を経て、完全退職。今は、主と共に小学生の娘(10歳)と幼稚園生の息子(6歳)の育児に奮闘中!趣味は食べること、旅行(学生時代にユーラシア大陸を陸路で横断した経験あり)

関連記事

  1. つれづれ日記

    えがおにありがとう!

    忙しく過ぎていく日々。そんな中でも、えがおに出会うこと…

  2. つれづれ日記

    小さなハート発見!キッチンでニッコリ

    常備おかず&常備おかず予備軍たちをせっせと準備しました。…

  3. つれづれ日記

    PRAY FOR PARIS

    14日の早朝、パリで同時多発テロが発生しました。 瞬間…

  4. つれづれ日記

    広島なう

    下関(→北九州)→萩→広島で、広島なう。20年ぶりの広島!お好…

  5. つれづれ日記

    摂理の事件報道についての真実とは・・・?

    私が大学生のときに摂理に出会って13年が経ちました。今まで、大学生…

  6. つれづれ日記

    今夜はロコモコ

    今夜は何年ぶり⁈のロコモコにしました。ソースはハンバーグだけにすべき…

Twitter でフォロー

オススメ記事

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

169人の購読者に加わりましょう

  1. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して良かったことーその1【お祈り】
  2. 摂理の結婚生活

    結婚は異文化交流!?
  3. 摂理の結婚生活

    結婚のお祝い
  4. 摂理の結婚生活

    結婚して大変だったことは?
  5. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚-幸せな家庭生活を目指して-
PAGE TOP