つれづれ日記

とき(時)を知って生きるとは?


入園入学式シーズン

 

摂理ママのあっこ

家の隣には小学校があります

 

真新しい黄色い帽子をかぶった

ぴかぴかの1年生たちが

小さな体で大きすぎる

ぴかぴかのランドセルを背負って

家の前を行き来します

 

その隣には

もう小さく見えるランドセルが

ちょこんと背中にのった

すらっと背が高い

6年生のお姉さん

 

摂理ママのあっこの子も

あっという間に進級

「うちの子、進級してやっていけるかな」

心配するのは親だけで

子どもはしっかり進級した学年になじんで

楽しく学校に通っています

 

子供たちを見ていると

ときの流れを感じるしかありません

DSC08611

 

とき(時)の特質

それは決して人間を待ってくれないこと

後戻りすることがないこと

 

その時がいつ来るだろうかと指折り数えたり

今のこの楽しい時が止まって欲しいと

まだあの時に戻って欲しいと

どれほど強く願っても

恐ろしいまでに

ときは流れ、過ぎ去っていきます

 

 

摂理ママのあっこは

摂理で神様に出会って

摂理の御言葉を聞くまでは

ただ意味もなく、区切りもなく流れていく

とき(時間)の中で

過ごしていました

 

戦国時代や明治維新などの

革命期の歴史大好き少女だったあっこは

昔の歴史はたしかに時に意味があり

区切りもあるけれど

 

自分が過ごしている時は

意味も区切りもないのかな、と

なんとなく思っていました

 

 

でも、、、

摂理で御言葉を聞き

聖書を知り

神様を知ってからは

とき(時)について

知るようになりました

 

とき(時)には始まりがあり

終わりがあります

 

旧約聖書の伝道の書によれば

「天が下のすべての事には季節があり、
すべてのわざには時がある。
生るるに時があり、死ぬるに時があり、
植えるに時があり、植えたものを抜くに時があり」

全てのことには時があります

 

 

摂理のチョン・ミョンソク(鄭明析)先生は

すでに過ぎ去ってしまった神様の時があり

これから来る神様の時があることを

はっきりと教えてくださいます

 

たった今、この瞬間も

神様の深い御心がある

意味がある時であり

区切りのときでもあります

 

それは、、、、

 

摂理の御言葉を聞いてみれば

あなたも

衝撃的に悟ることでしょう

 

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.
あっこ

あっこ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。夜中まで働き、海外出張もこなすキャリアウーマンだったが、摂理での結婚、出産により、在宅勤務を経て、完全退職。今は、主と共に小学生の娘(10歳)と幼稚園生の息子(6歳)の育児に奮闘中!趣味は食べること、旅行(学生時代にユーラシア大陸を陸路で横断した経験あり)

関連記事

  1. つれづれ日記

    家族でおでかけ!いちご狩り

    家族で(教会のお友達と一緒に)いちご狩りに行ってきました。子供…

  2. つれづれ日記

    小学一年生の黄色い帽子が地域を繋ぐ

    娘みいが小学1年生になり、家から学校までの道のりが少し遠いこと…

  3. つれづれ日記

    よいお年を

    ハレルヤ~あと小一時間で2016年も終わりです。こちらのブログで…

  4. つれづれ日記

    溜めてはダメです。

    月曜から金曜まで。この頃は特にパパが忙しく、パパの育児参加を全く…

  5. つれづれ日記

    再就職!神様からのプレゼントに感謝

    様々に、会社を探しながら昨日ようやく再就職が決まりました。神様…

  6. つれづれ日記

    やる気が出ないときの魔法の言葉――「もう少しだけ」

    『もう少しよくできる能力』は誰にでもある。その能力はどのように出て…

Twitter でフォロー

オススメ記事

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

168人の購読者に加わりましょう

  1. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して感じること
  2. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚-幸せな家庭生活を目指して-
  3. 摂理の結婚生活

    結婚って何?
  4. 摂理の結婚生活

    結婚して大変だったことは?
  5. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して良かったことーその3【私は幸せです】
PAGE TOP