つれづれ日記

311、7年前のその日


「ママ、311のこと、覚えてるよ」

主日礼拝に向かう車の中で、

11歳のチタちゃんが話しかけてきました

 

その日その時は、チタちゃんの習い事で、

東京の家からバスで20分ほどの距離の

古い体育館の中にいました

(震災後しばらくして、その体育館は取り壊されました)

 

急に右に左に大きく長い間揺れたのも覚えているし、

大きなクレーン車が吊り下げていた、

大人の頭よりも大きい鉄の玉が

大きく揺れたのも覚えているそうです

 

あっこママ「こわかった?」

チタちゃん「うーん、こわくはなかったよ」

 

あっこママ「長い間、歩き続けたことは覚えてる?」

チタちゃん「それは覚えてないんだよね」

 

当時、5歳になったばかりのチタちゃん、

きっとママと手をつないでいたから、怖くなかったんだと思います

(子どもってそうみたいです)

 

大きなお腹をかかえた、あっこママは、

鉄の玉を見ながら、あれが飛んできて死ぬかもしれないと思ったこと、

チタちゃんの手を引いて、数時間歩き続けたこと、

児童館にたどり着いて、

児童館の片隅でチタちゃんと休みながら、

ぱんだパパが来るのを待ったことはよく覚えています

 

その日にお腹にいたトラ君は、2ヶ月後、

放射能拡散が心配している真っ只中に生まれ、

震災前のミルクや離乳食を日付を探したり、

西の地域の食材を取り寄せたり、

オムツや紙製品の確保に気を砕いたこともありました

 

時が経って、トラ君も元気に大きくなり、

もうすぐ幼稚園を卒園、来月には小学生になります

 

 

読売こども新聞の特集記事は、

震災6日後に生まれた東北の双子の小学1年生の元気な姿、

でも、当時赤ちゃんだった兄を亡くしていました

 

赤ちゃんが小学生になる程の時間が経ったけれど、

まだその悲しみ、苦しみが続いている方々が大勢います

その方たちのために祈ります

 

時は流れても、

その日のことは忘れない

 

多くの悲しみ、苦しみ、痛みがあって、

今があることを忘れてはいけない

 

命が生かされている私たちは

いつも感謝を忘れず、

道を見失わず、

本当に大事なことを中心に生きていきたいです

 

あっこ

 

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.
あっこ

あっこ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。夜中まで働き、海外出張もこなすキャリアウーマンだったが、摂理での結婚、出産により、在宅勤務を経て、完全退職。今は、主と共に小学生の娘(10歳)と幼稚園生の息子(6歳)の育児に奮闘中!趣味は食べること、旅行(学生時代にユーラシア大陸を陸路で横断した経験あり)

関連記事

  1. つれづれ日記

    運動嫌いがジョギングを楽しむ!16日目

    運動嫌いなひろこママがジョギング16日目。無理のないところから…

  2. つれづれ日記

    お絵かきメッセージ☆短い手紙

    時々娘に短い手紙を書きます。便箋に1枚くらい。大きな字…

  3. つれづれ日記

    東京都心、桜が満開

    摂理のママ友と一緒に、東京都心にお花見に行きました…

  4. つれづれ日記

    親不知を抜きました・・・!

    一か月前ぐらいから「抜いたほうがいいですよ」と言われていた親不知を、つ…

  5. つれづれ日記

    娘よ、どこへ行く

    子どもってなぜ荷物を持つのが好きなのでしょうか?私は重い・嵩張る…

  6. つれづれ日記

    癒し

    体調がすぐれないRiccaのために夫が元気付けにケーキを買って…

Twitter でフォロー

オススメ記事

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

168人の購読者に加わりましょう

  1. 摂理の結婚生活

    結婚のお祝い
  2. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して良かったことーその3【私は幸せです】
  3. つれづれ日記

    後輩の結婚式
  4. 摂理の結婚生活

    結婚して大変だったことは?
  5. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚-幸せな家庭生活を目指して-
PAGE TOP