つれづれ日記

本物を見せる教育


本物を見たら、
最初から基準が違う。

と思います。

 

私が生まれて初めて
ライブに行ったのは、
忘れもしない高校2年生のとき。
なんと某地方ドームに
私が初めて外国人で好きになった歌手が
来るというではありませんか!

え、東京じゃないのに、なんで?
絶対、行きたい!

7千円だか1万円だかしたチケット。
バイトもできなかった高校生にとって
それはそれは高額でした。

でもこれを逃したら
次はいつ来るかわからない。
アメリカになんて行けないし。

そう思うと全然、
惜しくありませんでした。

 

当日のキャンセルチケットで
チケットセンターにあるのを見て
即決で買って友人と2人で行きました。

席はなんと、ドーム最上段。

歌手は1㎝くらいの
大きさにしか見えません(笑)

でも違ったんです。

歌声が。
迫力が。
オーラが。

 

何これ、CDで聴いているのと全然違う。

さすが歌姫!

これが世界に通用する歌声なんだ。

 

全身を雷で打たれたような…
なんて大げさでしょうか。
あのときの感動を言葉にするというのは、
なかなか難しいものですね。

とにかく当時の私にとって、
ものすごい衝撃でした。

 

その後も
J-POPのトップアーティストたちのライブに
何度も行ったはずなのですが、
残念ながらそこまでの印象がないのです。

あ、もちろん、
そのアーティストたちのことは
好きなんですけど。

 

「格が違う」

 

先生も、

たくさん見る。
その分、意識が高くなる。
どうせなら
プロの上手いものだけを見なさい。

<鄭明析牧師の芸術家に向けての箴言>

とおっしゃいます。

私が先生のこの言葉を知ったのは、
高校を卒業してから
ずっと後になるのですが、
この言葉を思い出すたびに
あのライブを思い出します。

 

娘にも
「子どもに本物なんて
まだ価値もわからないのに
もったいないかな」
って思う気持ちが
ないわけじゃないんですけど、
逆に価値がわからない
まっさらな状態だからこそ、
最初に触れるのは本物がいいんですね。

これから娘を育てていく上で、
気を付けなければと思います。

 

※日本人歌手が劣るとか
欧米最高という観があるわけではないですが、
同じ分野で日本だけで活躍している人と
世界中で活躍している人では
やっぱり違うのではと思います。
(文化伝統的なものを除く)

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.
Ricca

Ricca

摂理に来て12年、家庭をもって4年、2歳の女児がいる新米ママです。思い通りにできなくて自分にイライラしちゃうこともある、フツーの人です。好きなものはチーズ、グレープフルーツ、固めのプリン、ビターチョコレート、御言葉。これまでの人生、器用貧乏で専門性に欠けるのが悩み。
Ricca

最新記事 by Ricca (全て見る)

関連記事

  1. つれづれ日記

    父の日

    今日は父の日ですね☆先週、急遽、日帰りで札…

  2. つれづれ日記

    広島なう

    下関(→北九州)→萩→広島で、広島なう。20年ぶりの広島!お好…

  3. つれづれ日記

    すべてのわざに時がある 魚釣り編

    先日、帰省した時に魚釣りに行ったことを思い出しながら書きます!…

  4. つれづれ日記

    英語

    英語のできない文系、Riccaです。文系なのに英語ができません。(…

  5. つれづれ日記

    簡易ベッド

    ママ、ちょっと休んでもいい?と娘に言ったら、簡易ベッドを用意してく…

  6. つれづれ日記

    初!スシローに感動

    おはようございます♪日射しが強かったですが、風が涼しくて、とて…

Twitter でフォロー

過去記事

  1. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して感じること
  2. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚 〜あっこママの体験談
  3. 摂理の結婚生活

    結婚して大変だったことは?
  4. 摂理の結婚生活

    結婚のお祝い
  5. 摂理の結婚生活

    結婚記念日
PAGE TOP