つれづれ日記

滋賀県長浜市:石田三成の精神「最期まで」


出張族、久~しぶりの更新になりましたが、今年も引き続き、
出張先から、主の精神を発信していきたいと思います。

今週は滋賀県長浜市に行ってきました。

 

JR長浜駅前にある「出逢い」の銅像(豊臣秀吉と石田三成の銅像)
(長浜市は石田三成ファンの間では聖地らしい)


関ケ原の勝者視点では、悪く語られがちな石田三成ですが、
三成公からは「最期まで」の精神を学ぶことができます。

三成公は、関ケ原合戦敗北後に捕らえられ、斬首の直前に柿を勧められたところ、
「体に毒だから」と断ったら、周囲に笑われましたが、次のように言ったようです。

「眼前に死を控えようとも、わしは最期の瞬間まで「生」にこだわり、毒を厭う。
死を恐れて申すのではない。ひとえに逆賊誅滅の志を達せんと思うがゆえである。」

(参考)石田三成が死の直前に語ったとされる名言

三成公は「最後まで」諦めない精神を実践し、「最後まで」豊臣家に忠誠を尽くした
武将ではなかったのでしょうか。

 

摂理の御言葉でも「最後まで」の精神を何度も伝えてくださってます。

【鄭明析牧師による主日の御言葉から抜粋】
——————————————————————————————————————
どんなことも最後まで行なってこそ完成するように、霊を完成させるためには、
肉が最後まで完全に行なわなければならない。
最後までです。「最後まで」の精神です。100%の信仰を持って、「最後まで」の精神です。
——————————————————————————————————————

長浜の地で、三成公から「最後まで」の精神を学んだ出張族でした。

最後、何故か長浜市の商店街に、堂々と立つケンシロウの蝋人形で終わります。

この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.

うっちー

社会人デビュー後、仕事漬けの平日と合コンだけの週末に虚しさを感じた時、摂理に出会い、摂理序盤人生のイヤイヤ期を経て、導かれるまま気が付けば結婚。子供のイヤイヤ期を経て、自らのイヤイヤ期を悔い改めました。プレイングマネジャー職で日本全国を出張する出張族です。

関連記事

  1. つれづれ日記

    東北岩手県から学ぶ「忍耐の精神」

    先週の出張先は、岩手県盛岡市です。トラブル対応で東京滞在中に出張が決ま…

  2. つれづれ日記

    息子のお祈り

    昨日、仕事を終えて家に帰宅しました。いつものように息子が玄関のドア…

  3. つれづれ日記

    働くママの必需品、洗濯機 ~正常と異常 その2

    摂理ママのあっこです(その1から続く)乾燥機付き洗濯機は必…

  4. つれづれ日記

    最後まで滅ぼす!

    題名をみて、何を書くんだ~と。なんらかの期待があったかもしれません。…

  5. つれづれ日記

    熊本、地震の回数 991回 !?

    摂理ママのあっこです昨日、幼稚園のママ友と公園に行きました。…

  6. つれづれ日記

    夏祭り

    摂理ママのあっこですこの週末はあちこちで夏祭り、主日礼拝を捧げ…

Twitter でフォロー

オススメ記事

アーカイブ

  1. つれづれ日記

    後輩の結婚式
  2. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して良かったことーその2【共同ブログ】
  3. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して良かったことーその1【お祈り】
  4. 摂理の結婚生活

    ちょっと気になる摂理の結婚!祝福・結婚式〜私の体験談〜
  5. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して良かったことーその3【私は幸せです】
PAGE TOP