摂理の食卓・レシピ

旬の野菜が食べたい!筍と春キャベツのパスタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬の野菜が食べたい!

と思っていたら・・・

佐渡ヶ島の実家から『たけのこ』『わらび』が送られてきました。裏山でとれたものです。

IMG_20160514_122839

毎年、母が下茹でして送ってくれます。

わーーーい。早速、春キャベツと共にスパゲティーにすることにしました。

3人家族ですが、いつも多めにつくります。

材料(約5人前)
スパゲティ 500〜600g
塩(茹でるため)
たけのこ
水菜 1束
春キャベツ 数枚
ベーコン  適量
オリーブオイル 適量
粒マスタード  小さじ1(お好みで増やしてもおOK)
バター  約10ー15g
醤油 大さじ3−4
塩コショウ 適量
お好みでレモン汁

①お鍋にお湯を沸かしておく(塩も入れる)

②フライパンを熱して、オリーブオイル、バター、粒マスタードを入れる。

③ベーコン、筍、水菜を炒める。最後に醤油を入れて絡めて火を止める。

16-05-14-12-32-32-379_deco

④スパゲーティを茹でて、終わりくらいに春キャベツをちぎったものを投入。

16-05-14-12-31-08-983_deco

⑤茹で上がった、スパゲティーと春キャベツを水を切ってフライパンに入れる。

⑥絡めて、味見しながら味を整えて完成。

⑦食べるときに、このまま食べても美味しいし、ちょっとアクセントにレモン汁をかけて食べてもさっぱり美味しいのです。

 

 

 

旬の食材を食べると、とっても元気になりますね。

旬の食材って、味も抜群だし栄養価も高い。

積極的に、旬の食材を取り入れていきたいと思います。

 

果物は旬のときに食べて初めて本来の味がするし、旬のものをたくさん食べたほうが健康にいい。人間は体質的に体が季節と一体になっている。だからブドウの季節には自分の体がその季節に該当する体質になっているので、ブドウをたくさん食べたとき、体がよく吸収できる。柿の季節には柿をたくさん食べたら体質的によく吸収できる。朝運動するのと、昼運動するのと、夕方に運動するのとでは違う。食べ物も昼に食べるのと夜に食べるのとでは体質的に違う。寝て起きると体がむくむ人がいるし、一日中活動した後に体がむくむ人がいる。体質が違うので、むくむ時間も異なる。

鄭明析牧師の明け方の御言葉より

旬の食材を取り入れるにも、時があります。

また、この時期にどの食材が旬なのか知らなければ時を逃してしまいます。

旬の食材をつかむように、様々な時を逃さずに掴んで感謝しながら生活していきたいです。

 

 

自分が悩んでいたこと、困っていたことの答えが見つかった時って嬉しいですよね。

神様は、一人一人にいつもぴったりな答えを用意してくださっています。

まるで、旬の食材のような。おいしい、栄養のある言葉。

世界中の一人一人に、旬の神様の御言葉が届くことをお祈りします。

 

この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 1番だしを取ってみた
  2. ごうパパの手料理!ささみのみぞれ煮に挑戦
  3. 人参と玉葱の春雨スープ
  4. 美味しいけど変な顔のオムライス
  5. 簡単美味しい!しいたけのチーズ焼き
  6. 友人とのディナー
  7. 鶏肉と大根の煮物 〜次元をあげる
  8. 冷製豚しゃぶ タレはどうする?疲れ知らずの日々へ

聖書・御言葉

月明洞

摂理の食卓・レシピ

PAGE TOP