東京のど真ん中にある

代々木オリンピックセンターに泊まった

 

基本的には、青少年団体向けの施設だが、

空きがある場合に限り、一般人でも泊まれる

 

代々木オリンピックセンター(略してオリセン)は、

正式名称は「国立オリンピック記念青少年総合センター

 

(↓入り口にあるカフェ)

もともと東京オリンピックの選手村で、

代々木という都心の真ん中にありながら、

若者たちが様々な活動ができるように

施設が充実しており、

宿泊もできるし、食事もできるようになっている

 

センター棟

宿泊棟

カルチャー棟

スポーツ棟

 

都心とは思えないくらい広く、緑豊かで

蝉の抜け殻が大量にあったり、

見たこともない虫がいたり、

その中を若者たちが行ったり来たりしていた

 

 

子供たちに好評なのは、食事!

 

食堂はいくつかあるが、

私たちがいつも行くのは「カフェテリアふじ」

バイキング方式で、おかわり自由、

デザートも充実していて、子供たちは大喜びだ。

 

 

 

(↓昼食)

(↓夕食)

 

これで朝食470円、昼食610円、夕食680円は安い!

(事前申し込みでも当日食券購入でもOK)

 

ちなみに、なんで泊まったかというと、

チタちゃんの宿泊行事のときに、

7歳男子のトラ君が、

「お泊まりしたーい。家じゃないところに行きたーい」

と、騒ぐので

頼んで一緒に泊まらせてもらったというわけ

 

子供と一緒にいることで

いろんな体験をさせてもらい、

いろんな恩恵を受けていることが多く、

とても感謝している

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)