ジャイアントパンダの赤ちゃんといえば、

東京の上野動物園のシャンシャン(香香)が有名ですが、

 

和歌山県のアドベンチャーワールドで

8月14日に生まれたメスのパンダの赤ちゃんが

生後約1ヶ月の9月13日(木)から

一般公開が開始されました\(^o^)/

(→アドベンチャーワールドのパンダの特設サイト

 

パンダの特設サイトで、赤ちゃんの名前も募集中です(^^)

 

上野動物園のシャンシャンの一般公開は

生後約6ヶ月後だったので、

アドベンチャーワールドが1ヶ月後に

赤ちゃんを一般公開したのは、とても早いです

 

 

当初、75gという未熟児状態で生まれたので、

これは持つのかな、とあっこさんは見守っていたのですが、

無事に1ヶ月間すくすくと成長しました

 

あっこさんが見守っているのは、

アドベンチャーワールドのオフィシャルのインスタ

毎日アップされる赤ちゃんの写真を

子供たちにも見せて、一緒に成長を見守ってきました

 

 

大人のパンダは人間よりもずっと大きいのに、

赤ちゃんは普通でも100グラム台、

今回生まれた赤ちゃんは75グラム、

人間は3000グラムで生まれてきます

 

生まれたときはピンク色でふにゃふにゃして

ネズミみたいな小さな赤ちゃんが

1ヶ月経つと、パンダの形と色に変わっていくのが

とても不思議です

 

 

ようやく白い毛が生えてきて、

パンダっぽく見えるようになった状態での一般公開、

 

あっこ「なんで、上野動物園は6ヶ月かかったのに、

アドベンチャーワールドは1ヶ月で一般公開できたんだろうね」

 

パンダ大好き11歳チタちゃんの勝手な推測ですが、

お母さんパンダが出産のプロであることと

アドベンチャーワールド育ちで慣れていること、

スタッフがパンダの繁殖に慣れていることが

早く公開できた理由だろう、と見ているそうです(^ ^)

 

 

チタちゃんは、大のパンダ好き、

小学1年の自由研究はパンダを研究し、

アドベンチャーワールドのパンダの繁殖の本を読んで感激し、

おばあちゃんに頼み込んで、

小学5年の夏休みは和歌山に家族旅行で行きました

 

その時の話はまた今度(^ ^)

 

去年の夏、もうすぐ1歳になる結浜(ゆいひん)が

お母さんパンダの良浜(らうひん)と一緒にいて、

親子で仲良くたわむれる様子を

チタちゃんは、ずっとガラスにかじりついて見ていました

(↓左が0歳の結浜、右がお母さんの良浜)

 

今年の夏、パンダの赤ちゃんが生まれる少し前に

摂理のメンバーから

子供たちにパンダのTシャツを頂き、

チタちゃんもトラ君も大喜び\(^o^)/

大の大のお気に入りのTシャツになりました(^^)

 

子供たちが、そのパンダTシャツを始めて着たのが、

たまたまパンダの赤ちゃんが生まれた日でした

(生まれたことを後で知ってびっくり)

 

 

チタちゃんは

「6ヶ月くらいのパンダの赤ちゃんの実物を見に行きたいー」と

和歌山行きを切望しています(^ ^)

 

チタちゃんが今行きたいところは、

1番目は韓国のウォルミョンドン、

2番目が和歌山のアドベンチャーワールドだそうです(笑)

 

赤ちゃんが生後6ヶ月頃は冬、

冬はチタちゃんの誕生日、

冬のアドベンチャーワールドに行けるといいね、チタちゃん♬

 

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)