摂理のあっこママです

 

3月31日はブルームーン(一月に2回満月がある)でしたね

 

4月の夜空の見どころは、2つあります

(1)明け方、火星、土星、月が接近

3日に火星と土星が最接近し、

8日は、火星と土星と月が三角形に並びます

 

(2)日の入り後、月と金星が並ぶ

18日、日の入り後の西の空に

金星と新月から2日後の細い月が並びます

 

 

1月にスーパー・ブラッド・ブルームーン(※)、

2月に新月で部分日食、

3月にブルームーンと、月の見どころが続きました

 

3ヶ月連続したので、

しょっちゅう起るかなと思っちゃいますよね。

 

あっこママもそう思いましたが、調べてみたところ、

かなり低い確率が重なって起こったことがわかりました(^^)

 

次のブルームーンは2年半後の2020年10月、

東京オリンピックが終わってますね(^^;

 

今年のように1年で2回ブルームーンが見れるのは、

次は19年後の2037年だそうです

 

ちなみに、皆既月食は、

次回日本で見られるのは2018年7月28日ですが、

東北地方以西で見られ、月は皆既月食のまま沈み、

それ以外の地域では皆既月食になる前に月が沈みます。

 

前回のように、

日本全国で部分食から最後までを見られるのは、

4年半後の2022年11月8日だそうです

 

月の観測にとって、

2018年1月〜3月が特別だったことが改めてわかります

 

万物を創造した神様は

全てを法則通りに作られ、

万物を通して語られます

 

この月を通して、神様は

きっと何かを話されたかったんだと思います ♬

 

あっこ

 

 

参考サイト 国立天文台のこちらのサイト

※)

スーパームーン(普段より大きな満月、1年で最大の月の場合もある)

ブルームーン(1ヶ月に満月が2回あること)

ブラッドムーン(皆既月食、赤く見えることから)

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)