昨日は好条件の中、

日本全国で見られた皆既月食でした

 

さて、ビックイベントが続いた1月に引き続き、

2月も空はとてもにぎやかです

(参考 国立天文台のサイトなど)

 

(1)2月2日、レグルス食

「月食」、「日食」と同じように

星が月や惑星に隠されて見えなくなるのを

「星食」といいます

 

レグルスはしし座の一等星、

夜空でひときわ目立つ、

明るい一等星が隠れます

(名古屋より西の地域では起こらない)

 

隠されるのは5時(東京)、4時半過ぎ(札幌)

出現するのが5時22分(東京)、5時20分頃(札幌)

 

明け方なので観察しづらいですが、

星食、見てみたいものです(^^)

 

(2)2月16日、部分日食

日本からは見えませんが、

南極大陸などで部分日食が起こります

 

食の初めから2時間ほどで食の最大になり、

全部で約4時間の部分日食となります

 

 

(3)月が惑星(火星、木星、土星)に接近

夜明け前の空、

2月初旬の南東の空には火星と木星、

2月中旬の東の空には土星が登り、

月が火星、木星、土星のそばを通り過ぎます

(8日に木星と、9日に火星と、12日に土星と)

 

金星、水星は太陽に近い位置に見えるため

観察は難しいそうです

 

 

1月は夜空が騒がしく、

昨日31日は真っ赤な月を

長時間見ることができました。

 

スーパー、ブルー、ブラッドムーンと言われる

非常に珍しい現象でした

(そのスゴさは、摂理の猫カフェさんのブログを読めば、よくわかります)

 

2月の天体ショーは

すべて2月初旬から中旬までに起こります

 

時をぴったりと合わせて行なわれる神様、

無駄なことを行われず、

ただ目的と御心に向けて行なわれる神様、

 

天体を通して、何か語りたいことが

あるとしか思えません(^^)

 

 

あっこ

 

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)