ハロウィンが終わると、

街には徐々にクリスマスの風景が

増えていきますね

 

 

お子様はサンタクロースを信じていますか?

 

お子様がサンタさんからのお手紙(エアメール)を

受け取ることができることをご存知ですか?

 

申し込みをすることで、クリスマスの頃に、

サンタクロースからのお手紙が

フィンランドにあるサンタクロース中央郵便局から

お子様のお名前宛に届きます

http://www.jf-santa.org

 

申し込み期限は明日、12月1日(金)です

 

 

 

内容としては

いくつか種類がありますが、

メインはお手紙のみか、プレゼント付きかのどちらかです

(以下、金額は送料込、税込)

 

・サンタさんからのお手紙  1700円

 

サンタさんからのお手紙+プレゼントは3種類あります

・サンタさんからのお手紙+プレゼント(お菓子) 3800円

・サンタさんからのお手紙+プレゼント(絵本) 4800円

・サンタさんからのお手紙+プレゼント(カードゲーム) 3900円

 

 

手紙の文章は、3種類から選べるそうです

・幼児向け

・子供〜一般向け

・英文

 

申し込み方法は

インターネットのサイト、

もしくは郵便局の専用用紙です

 

お子様へのプレゼント、

もしくはお孫さんへのプレゼントとしても

夢があっていいですね ♬

 

(↓郵便局に置いてあるチラシ)

 

 

ちなみに、

摂理の子供たちはサンタをどう考えているでしょうか?

 

実は、それほどサンタの話を

摂理のママ友たちとしないので、

推測の範囲内ですが、、、

 

サンタさんを信じている子もいるし、

信じていない子もいると思います

 

 

 

摂理の御言葉やリーダーから、

「サンタについては、子供にこのように教えなさい」

という話を言われたこともないし、

そもそもサンタについて、

話題に上がることもあまりないと思います

 

 

 

クリスマスプレゼントをあげるかどうか、

これも各家庭に任されています

 

さて、摂理のあっこの家では、

クリスマスプレゼントは毎年あげています

 

去年の様子から

サンタさんについては

9歳だったチタちゃんはいないと思っており、

5歳だったトラ君はどうでもいいと思っています(笑)

 

 

それはおそらく、あっこママは

サンタさんとクリスマスプレゼントについて、

「神様が人を通して働いてくださって、

神様が人に感動を与えてくださって、

プレゼントをしてくださったんだよ」と

話していたからだと思います

 

 

それを聞いて、

チタちゃんが、ある時点で(何歳ごろか忘れました)

「そっか、じゃ、このプレゼントは神様が下さったんだね。

で、神様が使った人はパパかママなんだね」

と認識しました(笑)

 

 

トラ君はまだイマイチわかっていないというか、

去年は、

誰がくれているか、ということよりも

自分が何のおもちゃがもらえるかに

関心があるようでした(笑)

 

 

さて、今年のクリスマスプレゼント、

何にしようかな〜

 

あっこママは

子供たちに内緒で、

Amazonを見ながら

リサーチ開始しています ♬

 

あっこ

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)