連休最終日の一昨日、

東京は雨模様だったけれど、

義母も一緒に親子三代でお出かけした

 

11歳女子のチタちゃんが

「シャインマスカットをたくさん食べたい!」

「ぶどう狩りに行きたい!」

と叫び続けて、約1ヶ月(笑)、

主張が通って、ぶどう狩りに行くことになった

 

ブドウといえば、山梨でしょ!

というわけで、

朝早く出て、ぶどう園が開く頃に

山梨に到着(^^)

 

山梨は思いがけず、暑く、

秋支度をしていたので汗だくになった(^_^;)

 

お目当ては、20数年前に先生が日本に来られた時に、

当時の摂理メンバーたちと一緒に行かれたぶどう園だったが、

すでに予約でいっぱいだったので、

近場を車でぐるぐる回った

 

バスが何台もついて人が溢れている農園の隣は

人がいなくて閑散としている農園もあり、

その違いはなんだろう。広告力の違いかね、

なんておしゃべりをしつつ、

 

あっこファミリーご一行は、

あまり人がいなさそうだけど、

シャインマスカットと巨峰のぶどう狩りができる

小ぎれいな農園に行った

 

その農園は

ぶどう狩りをするのに

(とったぶどうは一人2房ずつお持ち帰り)

大人 1000円〜

子供 500円

 

シャインマスカットだけは

1房1000円で自分で採ってお持ち帰り。

それ以外は購入、というプランだった

 

軽トラックに乗って、

傾斜のあるぶどう畑に行き、

腰が曲がったおじいさんが指し示す

ぶどうを人数分とった

 

子供たちも自分でハサミを入れて、

そのずしっとした重さにびっくりしていた(^ ^)

 

↓巨峰(種なし)

 

「はい、こちらで食べてくださいね」

 

ぶどう畑の中で食べたぶどうはおいしかった!

 

取り立てだからあたたかいけれど、

じゅわっと口に広がるぶどう、

巨峰にシャインマスカット、

なんてぜいたくだろ\(^o^)/

 

↓つやつやしたシャインマスカット(種なし)

 

しかし、、なにしろ暑いし、

虫はブンブン飛んでくるので、

子供たちは逃げ回るし、

ぶどうは大きいから、すぐお腹がいっぱいになって

結局、たくさん持ち帰ることになった

 

 

何箱かのぶどうを抱えて車に戻りつつ、

私は農家の嫁にはなれなかったなぁと

改めて思った(^_^;)

 

アトピー性皮膚炎があるため、

汗をかくと痒くなり、

汗を流すまでは、その痒さがずっと続く。

特に今年の猛暑で肌の調子があまり良くなく、

汗と虫と畑のほこりで

しばらくカユミが続いてしまった(^_^;)

 

神様が私のことをよくわかってくださって

今の都会の中で自然が豊かな場所に住むように

導いてくださったことに、改めて感謝した

 

 

ちなみに、農家の方に

「なんで山梨県はぶどうが多く取れるんですか?」と

聞いたら、理由は2つだそうだ

 

1つ目は、気候が向いているから(晴れが多い。東京は雨でも山梨は晴れ)

2つ目は、土地の質がぶどう栽培に向いているから(石だらけで水はけが良いのがいいらしい)

そして、水はけがいい方がぶどうがおいしくなるから、

平らな場所よりも傾斜があって、日当たりがいい畑のぶどうを

選んで食べてね、と教えてくれた(^ ^)

 

 

↓ワイン用のぶどう。種ありだが、食べたら甘くて美味しかった

ぶどう狩りといえば、思い出すのは、

先生と一緒に山梨県でぶどう狩りをしたこと。

 

夜寝る前に、トラ君にその時のことを話したら

嬉しそうに聞いていた

 

初秋の祝日に家族で

ぶどう狩りに行けたことに感謝です!

 

あっこ

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
あっこママ

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。夜中まで働き、海外出張もこなすキャリアウーマンだったが、摂理での結婚、出産により、在宅勤務を経て、完全退職。今は、主と共に小学生の娘(11歳)と息子(7歳)の育児に奮闘中!趣味は食べること、旅行(学生時代にユーラシア大陸を陸路で横断した経験あり