勤労感謝の日の今日、

ぱんだパパは朝から、

摂理メンバーと一緒に出かけたので、

あっこママと子供たちは

新江ノ島水族館に行きました

 

なんだかんだで

江ノ島についたのは

夕方3時ごろ(汗)

チタちゃんとトラ君は

しばらく波打ち際で遊び、

満ち潮を十分に体感してから

(=足が海水で濡れてから)

水族館に向かいました

 

 

今日のお目当ては、

なぎさの体験学習館の工作です!

 

なぎさの体験学習館

新江ノ島水族館に併設された施設で、

江ノ島水族館に入らないでも

なぎさの体験学習館だけに

入ることができます

(水族館から体験学習館に入るときに、

水族館に戻るためのカードをもらいます)

 

1階には、

波打ち際や干潟が再現されていて

生き物を見たり、

実際に触ったりすることができます

また顕微鏡でプランクトンなどを

見ることもできます

 

地下には

工作コーナーがあり、

その時々に合わせた特別な工作もできますし、

自由工作をすることもできます

 

↓夏休みにやっていた、暑中見舞いを送ろう(特別な工作)

 

 

さて、チタちゃんとトラ君は

なぎさの体験学習館の地下へ

まっしぐらに向かいました(笑)

 

 

スタッフの方が

江ノ島の海岸で拾った

石、貝、木、

紙などのグッズを使って、

自由な発想で工作することができます

 

6歳のトラ君は

石や紙、貝を組み合わせて、

ぱんだパパへのプレゼントを作り、

ユニークな作品が生まれました

 

 

10歳のチタちゃんは

石の上にひたすら絵を描くことに決め、

形のいい石を選んでから、図鑑を持ってきました

とってもかわいい作品たちが出来上がりました

(↓チタちゃんが1時間で作った作品たち)

 

その後、

夜モードで暗くなった水族館を見て回り、

くらい水の中をゆったりと泳ぐウミガメを見たり、

イルカショーが終わって、くらいプールの中で

ゆっくりと泳ぐイルカを眺めていました

 

チタちゃんのコメント

「イルカもウミガメも、

狭いところに閉じ込められてかわいそうだね。

本当は広い海を泳ぎたいよね」

 

ただ、動物を見て面白がるのではなくなった

10歳のチタちゃんの心の変化が

感じられるコメントでした

 

 

さて、

6歳のトラ君に感想を聞いたら、

「えっとね、ロマンスカーを見たことが楽しかった」

?ロマンスカー??

 

小田急線の片瀬江ノ島駅で

ホームに止まっているロマンスカーを見たのが

一番良かったそうです(笑)

 

遠い江ノ島まで、

がんばって子供たちを連れてきた私は

トラ君のコメントにがくっとしましたが、

 

乗り物好きの男子って、

こんなものなんですね(笑)

 

 

ちなみに

私が印象深かったのは

「シラスがイワシになるまで」の展示

 

(↓生後30日ごろのイワシ=食べごろのシラス)

すっかり大人になった生後90日のイワシも

ぐるぐる泳ぎ回っていました

 

 

水族館に行くと、

神様が作られた生き物の神秘さを

感じるしかありません

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)