摂理ママのあっこです
その1に続く)

補助輪なし自転車に
数回で乗れたトラ君、

何年か前から
ストライダーという
幼児用自転車に乗っていました
(ペダルがない二輪の幼児用自転車)

ストライダーで
カーブも両足をつかずに
くいっと曲がっていたので
補助輪なし自転車で
バランスをとることも
すぐにできたようでした

恐るべし、ストライダー効果(笑)

それにしても
その日のうちに自転車に乗れたのは
本当にびっくりでした

私が何か大きいことができたような
嬉しい気持ちがずっと続きました

img_0899.jpeg

でも、
あっこママは何かができたわけでも
何かをもらったわけでもありません

得たのは親ではなく、子ども。

子どもが喜ぶ姿を見て
親は本当に嬉しいです
心がわくわくします

なぜ?
子どもを愛するから。

これは
親になって初めて感じた感情です

2014年3月6日 鄭明析先生の御言葉より

親は子供が見て喜ぶものを見て、子供のように喜ぶことはしない。
しかし子供が喜ぶその姿を見て、子供を愛するから親も喜ぶ。

神様も、何かを与えてそれをもらった人が喜び、
嬉しく思っている姿を見て、お喜びになる。

神様の愛は親の愛とは
比べ物にならないくらい深いです。

それでも
親の愛から神様の愛を推し量ることができます

親は自分が得たわけではないのに嬉しい、
神様は、得た人が喜び、感謝している姿を見て
それを心から喜ばれます

鄭明析(チョンミョンソク)先生は
神様との対話を教えてくださいました

2014年3月6日 鄭明析先生の御言葉より

神様に尋ねました。「神様は本当に大きい存在でいらっしゃるから、人間が見て楽しむものを見て、お喜びにはならないでしょう」と言ったら、「そ うだ」とおっしゃった。

「それなら私が一人で喜んでいるのではないでしょうか」と言ったら、「それを見て喜ぶあなたの姿を見ながら、私も喜ぶ」とおっ しゃった。

深くて深い神様の愛、
その愛を学び、純粋に教えてくださる
鄭明析(チョンミョンソク)先生に感謝です

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)