摂理二世/子供・子育て

体験することの大事さ カブトムシ編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

摂理ママのあっこです

昨日、
幼稚園から帰宅した息子と
カブトムシグッズの買い出し、

そのあと、
小学校から娘が帰宅したので、
カブトムシの
おウチ作りをしました

娘は
「ママより私が慣れてるよ」と
カブトムシの土を入れ
止まり木や葉っぱを
いろいろ工夫して入れていました

息子は
飼育ケースにはりついて
「カブトムシ、かわいい、、、」

 

(↓カブトムシ飼育グッズ、この時期は100円ショップで調達できます)

IMG_7625

都会っ子の子どもたち、
マンション暮らしで、土から離れた生活、
生き物キライ(虫、カエル etc.,)です

3年前、初めてウチに
カブトムシやアゲハチョウの幼虫が
やってきた時、
きゃーきゃー逃げて
遠くから眺めていたなぁ

 

 

息子がなんども繰り返します

「しんだみたいだったけど
いきていてよかったね」

昨日の朝、
私が、カブトムシが死んで
がっかりしたり
生き返ったのを見て喜んだり

私の素の感情の動き、
生の感情を通しても
生き物の命の大切さを
感じてくれたかな?

IMG_7627

最近の教育でよく言われることが
体験学習、

夏休みなどのツアーにも
「子どもと体験する××」
「ホンモノ体験」
などの言葉が多いです

実際、我が子と接していても
教会で子供達に聖書の話を伝えていても、

子どもたちは、
実体験が少ないため
実感が湧かないことが多いようです

カブトムシを買うのも
1つの体験学習 ♫

 

2010年8月6日、摂理、鄭明析牧師の御言葉より 
「実習が教育だ。

 見せながら心で感じるようにしてあげる
 教育をしなければならない。
 そうしてこそ、行なうようになる。」

 

 

実際に体験することはとても大事ですね

子どもにとってはもちろん、

大人にとっても(^^)

あっこ

この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 娘の一歳の誕生日
  2. 筑波大学出身のママ友に聞いてみました!
  3. 親子の手書きラインノート継続中
  4. 月明洞で一番良かったのは?(子どもっておもしろい)
  5. 言葉の練習中
  6. 神様の偉大な傑作品、鍾乳洞
  7. 都会っ子の遊び場 〜京王れーるランド
  8. 小学1年生の挑戦記!ひとりで帰宅できるかな。

聖書・御言葉

月明洞

摂理の食卓・レシピ

PAGE TOP