どうもこんにちは。

徳島だよりの時間です。

まーくんが生まれてもうすぐ3週間になります。

一緒に暮らすようになって、だんだんとまーくんの行動が分かるようになってきました。

泣くのは大体母乳が欲しいときか、寂しくなったときです。

特に母乳が欲しいときは、おっぱいの位置を探るように手が動きまくります。

それで母乳が飲めないと、またうわ~んと泣きます。

最近まーくんは成長著しく、一日に10回は優に超える回数で母乳を飲みます。

妻がいるときは母乳を飲ませればいいのですが、妻が風呂に入ってたりしていないときは大変です。

私が抱っこしても、私の乳首のあたりをすごい掴んできて、「ごめんな、まーくん。神様は男性からは母乳が出ないように創造なさったんだよ。。。」と申し訳ない気分になります。

もし男性からも母乳が出たら、子育てがけっこう楽になったりするのかな。いや、男性だから「母乳」ではなく「父乳」か。

そんなことをいくら考えたところで、私が母乳を出せるわけもなく、妻がすぐに来られないときどうやってまーくんを泣き止ませるかが課題でした。

そんなある日、ふと気付きました。

まーくんが泣いてるときに、こっちがじっと抱きかかえてるままだと泣き止まないけど、こっちが立ったり移動したりして動いたら、少し泣き止むようになるんです。

これを応用して、泣いてるまーくんを抱きかかえたまま、私はスクワットを始めました。

そしたらなんと、まーくんがたちまち泣き止むではありませんか。

その他にも、まーくんをゆっくり左右に動かしながら、教会でいつも歌っている讃美を歌うと、これまた泣き止むではありませんか。

運動+讃美=泣き止む

これが赤ちゃんを泣き止ませる神様の絶対法則なのか。

赤ちゃんがなかなか泣き止まなくて困っているそこのあなた、是非この方法を試してみてはいかがでしょうか。

(あくまでまーくんには効き目があるということであり、必ずしも全ての子供に効き目があるわけではないことをご理解ください。)

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
義高(よしたか)

義高(よしたか)

徳島県で働く地方公務員です。大学生の時に「キリスト教福音宣教会(摂理)」に出会いました。趣味は音楽(ギター、ベース、カホン等)、鉄道、旅行、美味いもの巡り、お笑い、不定期に行なう筋トレ、ラケット系競技など。基本的にのんびりまったりとした人間です。最近のマイブームは卓球、ワールドカップを機にサッカー観戦にもハマりそう。摂理で出会った人と結婚し、秋に待望の第一子である男の子(まーくん)が誕生しました!