子供の言い間違えってかわいいです。

 

上の子のときは「こうだよね」と

さりげなくいい直しをしていたけれど、

いずれ治ってしまうのがわかったので、

下の子のときは、

割とそのままにしておいたりしています(笑)

 

小学1年生のトラ君と歩いていたら、

上空を大きな白い鳥が飛んでいるのを見つけました

 

あっこママ「わー、珍しい。あれ、何の鳥だろう」

トラ君「あれはね、モモカンだよ、きっと」

あっこママ「え?そんな名前の鳥がいるの?」

トラ君「(自信満々に)うん、DVDでみたよ」

 

ふーん、モモカンねぇ、桃缶?

モヒカン?

いやいや、そんな鳥いるのかな・・・

 

 

あっこママ「あ、ひょっとして、ペリカンのこと?」

トラ君「うん、それだよ。モモペリカン」

 

おー、それを言うなら、モモイロペリカンでしょう。

たしかにDVDで言っていたような気がする(^_^;)

 

モモイロペリカン、略して、モモカンかぁ。

 

わかる気はするけれど、わからなかった(^_^;)

 

小学生とはいえ、1年生はまだまだ幼児みたい、

(人によっては、1年は赤ちゃんといったりもする)

かわいいです(^ ^)

 

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)